働きがいも経済成長も

児童労働の問題に対する解決策とは?実際に行われている取り組みをご紹介!

児童労働問題は、日本を含む、世界中の国々や関連機関が取り組んでいる大きな課題です。

世界には1億6千万人もの児童労働者が存在しており、性的搾取や貧困問題に苦しむ子どもたちが日本にも数多くいます。

児童労働をなくすためには、さまざまな解決策を講じなければいけません。

本記事を読んで、児童労働とはなにか、どんな解決策があるのかを知りましょう。
最後まで読めば、私たちのちょっとした意識や行動次第で、児童労働は減らしていけると分かるはずです。

そもそも児童労働とは?

そもそも児童労働とは?

解決策を知る前に、大前提として児童労働について知りましょう。

児童労働とは、義務教育に支障を及ぼす労働や、法律上禁止されている18歳未満の危険もしくは有害な労働のことを言います。
子どもが働くこと全般を指すわけではありません。

たとえば、強制的に農場のコーヒー豆の収穫を任されて学校に通えない場合、児童労働と見なされるでしょう。
しかし学校には毎日通い、放課後に家業を手伝っている場合は、あてはまりません。

児童労働は「国連の子どもの権利条約」や「ILO(国際労働機関)の条約」で禁止されています。
そして日本を始めとする世界中の国々が、これらの条約に批准しているのです。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://mirasus.jp/sdgs/economic-growth/2572]

児童労働の現状と原因とは

児童労働の現状と原因とは

児童労働は、国際条約で禁止されています。
それにもかかわらず、全世界の児童労働者は1億6千万人おり、子ども10人のうち1人は児童労働にあたると推計されています。

なぜ、児童労働はなくならないのか。
その原因は、複数あります。

第一に考えられるのは、家計の貧しさです。
発展途上国において、生産者たちの収入は低い上に不安定です。
そのため、企業のコスト削減により収入が下がってしまえば、家計が逼迫し、子どもたちは働かざるを得ないのです。

また子どもたちを取り巻く環境自体も問題です。
発展途上国では、いまだに「学校へ行ってもムダ」「女の子に教育は不要」「他人事だ」といった、児童労働を助長する考え方が染み付いているのです。

以上のように、児童労働をなくすことは、そう簡単ではありません。

しかし、子どもの人権と未来を守るためにも、児童労働は世界中が国をあげて取り組むべき課題なのです。

児童労働をなくすための世界の解決策

児童労働をなくすための世界の解決策

実際に児童労働をなくすためにどんな取り組みをしているのか、解説しましょう。

ここでは下記の3つの組織・国を紹介します。

・国際労働機関ILO
・フィリピン・ガーナなどの諸外国
・日本

順番に詳しく解説していきます。

解決策①:国際労働機関(ILO)

国際労働機関ILOでは、児童労働撲滅のため、一貫性のある効果的な政策を打ち出し、良質な教育を提供することで、問題の解決を図っています。

子どもたちは、良質な教育を受けることで、高い知識や技能を習得できます。
良質な人材に成長すれば、賃金が高くて安定した仕事に就け、結果的に家庭の収入は上昇するでしょう。

最終的には、国中に裕福な家庭が増え、国の経済そのものが豊かになる未来を目指せます。

ILOは、他の国連専門機関と連携し、積極的に児童労働の解決に取り組んでいます。

解決策②:フィリピン・ガーナなどの諸外国

続いては、諸外国の取り組みを解説します。

世界中の国々が児童労働の解決に当たっているものの、特にフィリピンとガーナは積極的な施策を打ち出しています。

ガーナでは「児童労働フリーゾーン制度」と呼ばれる施策を行っています。
同制度は、児童労働問題に対して総合的なアプローチで解決するための仕組みです。

この仕組みにより、児童労働がない地域、通称「児童労働フリーゾーン」を維持しています。
ガーナでは、政府と自治体が連携し、児童労働の撲滅・予防に当たっているのです。

またフィリピンでは、児童労働撲滅のため、社会保障制度に力を入れています。
医療を無料で受けられたり、無償で大学に通えたりできるなど、教育や医療環境が整っています。

結果、子どもたちは技術や能力を身に付けることができ、就学率も高まって、成人後には安定した仕事につけるのです。

以上のように、諸外国では子どもたちの将来を見越して「人材的な価値」の向上に力を入れています。

解決策③:日本

最後に日本の施策を紹介します。

日本国内における児童労働は、世界に見る「農林水産業」ではなく、「性的搾取によるサービス業」が大半です。
売春や風俗店での性的搾取による児童労働は、一定数存在します。

そのため国内の児童労働は、労働基準法や性的搾取を防止する法律・条例などにより厳しい取締りが進められています。

また国内の貧困問題も無視できません。
貧困により苦しんでいる家庭には、政府と自治体が連携して学業・福祉支援を行っています。

日本では、先述したガーナやフィリピンと違い、法律や条例によりコントロールしたり、給付金や割引を与えたりなど、直接的なアプローチに力を入れていると言えます。

さらに、日本の児童労働対策は、国内だけに留まらず、前述したガーナの「児童労働フリーゾーン制度」にも関わっています。

日本は自国・他国問わず、児童労働の解決を図っているのです。

児童労働をなくすために私たちができること

児童労働をなくすために私たちができること

最後に、児童労働をなくすために私たちができることを紹介します。

今回紹介するのは、下記の3点です。

①寄付・募金
②フェアトレード商品の購入
③児童労働を撲滅する運動に参加

児童労働をなくすためにも、国や関連機関が政策や制度を打ち出すだけでなく、国民一人ひとりが意識や行動により、支援していきましょう。

それでは、詳しく解説してきます。

①寄付・募金

NPOやNGOに寄付や募金を行うことで、間接的に児童労働をなくすことに貢献できます。
直接、海外に渡ることは難しくても、資金提供なら日本国内から協力可能です。

路上や広場で寄付や募金の呼びかけを見かけたら、気持ち程度でも良いので支援してみてはいかがでしょうか。
なお現在はWeb上でも受け付けている団体がたくさんあります。

②フェアトレード商品の購入

フェアトレード商品の購入を通して、間接的に児童労働をなくすことに貢献できます。

フェアトレード商品とは、生産から販売までの工程で、公平公正な貿易・取引であったことを示すものです。
これらの商品を購入することで、開発途上国の生産者が搾取されない環境を支援できます。

日本国内でも「セブンプレミアム」を始めとする、多くの企業がフェアトレード商品を販売しています。

日頃の買い物から、フェアトレード商品を示すラベルに注目し、購入を検討してみましょう。

③児童労働を撲滅する運動に参加

児童労働を撲滅する運動に参加する方法もあります。

直接現地に行くことは、現実的に難しいですが、現在はオンラインイベントも開催しています。
オンラインでの勉強会やバーチャルイベントに参加すれば、児童労働についてさらに理解を深めたり、自分ができる活動が見つかるかもしれません。

寄付や募金、フェアトレード商品の購入といった間接的な支援ではなく、直接的に関わって、より自分の力を発揮したい人は、挑戦してみましょう。

児童労働対策は小さな一歩から始めよう

児童労働対策は小さな一歩から始めよう

最後に本記事のポイントをおさらいしましょう。

・児童労働とは、義務教育に支障を及ぼす労働や、法律上禁止されている18歳未満の危険もしくは有害な労働のこと

・児童労働のなくすため、日本を含む世界中の国々や関連機関が、解決策を講じているものの、1億6千万人の該当者がいるのが現状

・私たちにできることは「寄付・募金」「フェアトレード商品の購入」「撲滅運動への参加」など

本記事で解説したように、児童労働問題は日本にとって無関係ではありません。
いまこのときも、労働を強いられて、教育を受けられずにいる子どもたちが存在します。

そして児童労働を解決するためには、政府や関連団体だけでなく、私たち民間人の協力も不可欠です。

まずは本記事でとりあげた「できること」から、少しずつ始めてみましょう。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

RELATED

PAGE TOP