つくる責任 つかう責任

エシカルフードとは?定義や食品例もご紹介

食品ロスと併せて耳にするようになった「エシカルフード」という言葉。
皆さんは、意味をご存知でしょうか?

「エシカル」とは、地球環境や社会へ配慮した活動やモノ・考え方を指す言葉です。エシカル消費やエシカルファッションなどと並んで、今、世界中の企業や消費者が、地球と人や動物に優しいエシカルフードに注目しています。

本記事では、エシカルフードの意味や注目されている理由、どんな食品がエシカルフードなのかを具体例を挙げながら説明します。

エシカルフードとは?

エシカルフードとは?

エシカルフードとは、「環境や人、動物などに優しい食品」です。
私たちが食べても、地球や人に負担を与えない食べ物とも言えるでしょう。

・フェアトレード
・オーガニック(有機)
・プラントベース
・地産地消

上記の食品が、エシカルフードです。
ヴィーガンフードも、動物福祉の観点からエシカルフードに当てはまります。

エシカルフードが注目されている理由

エシカルフードが注目されている理由

なぜ今、エシカルフードが注目されているのでしょうか。

生産者は消費者からの要求に答えるため、消費者は自分の欲求を満たすために食品を選びます。
そのため、原料の生産者の生活や自然環境、動物に目を向けることはあまりされてきませんでした。

しかし、サスティナブルやSDGsが注目されるようになり、食に関するエシカルも考えられるようになったのです。
エシカルフードが注目されるようになった大きな理由として、「環境問題」が挙げられます。

環境問題の原因は、過度な工業化にあります。
小麦やとうもろこしなどの大規模農業は、様々な農薬や化学肥料が使われることが多く、熱帯雨林の減少を促進させたり、周囲の自然に多大な影響を与えています。

牛のゲップに含まれるメタンガスが、地球温暖化の要因の一つとなっているのをご存知でしょうか?
工業型畜産によって排出される温室効果ガスは、地球上の全交通手段から排出される量と同じというデータもあります。

他にも貧困問題や食品ロス、健康という観点からもエシカルフードに注目が集まっています。

エシカルフードがもたらすメリット

エシカルフードがもたらすメリット

エシカルフードがもたらすメリットは、「(個人の)身体」と「企業」の2種類あります。

【(個人の)身体へのメリット】

エシカルフードは、栄養価の高いオーガニック野菜を中心としたバランスの良い食事です。
そのため、腸内環境を整えたり、肥満や過食の予防にも効果的だと言われています。

人によっては、集中力が高まり仕事の効率UPや身体的に元気になる場合もあるようです。

【企業へのメリット】

企業へのメリットは「消費者や従業員からのイメージアップ」です。

高齢化社会やリモートワークの増加により、健康に気をつける人が増えています。
美容やダイエット、老後の健康などに気を使っている人も多いです。

エシカルフードを取り扱ったり、積極的に取り入れることで、消費者にとってのアピールになります。
また、社員食堂にエシカルフードを取り入れれば、従業員からの信頼も高まるでしょう。

どんな食品がエシカルフード?

どんな食品がエシカルフード?

「エシカル フード」の意味やメリットを紹介しましたが、どんな食品がエシカルフードなのか分からない方もいるのではないでしょうか?

エシカルフードにあたる食品は様々ですが、その中で取り入れやすいモノを5つご紹介します。

オーガニック野菜

オーガニック野菜とは、自然の力を大切に生産された野菜で、有機野菜とも呼ばれます。
農薬や化学肥料は、野菜自体に蓄積されたり、生産者の健康や土地に影響を与えると言われており、先進国を中心にオーガニック野菜の人気が高まっています。

日本でも注目されつつありますが、値段の高さなどから躊躇してしまう方も多いようです。

オーガニック野菜は、殺虫剤や化学肥料を使わず育てられているため、大量生産が難しかったり、需要の少なさから一般的な野菜より少し高めです。
しかし、消費者がオーガニック野菜を積極的に購入することで、市場を広げることができます。

代替ミルク

牛乳ではない植物性のミルク、それが代替ミルクです。
アニマルウェルフェア(動物愛護)や健康意識の高まりなどの影響で、代替ミルクが注目されるようになってきました。

代替ミルクには、様々な種類があります。

・豆乳
・オーツミルク
・ライスミルク
・ココナッツミルク
・アーモンドミルク

海外では「ポテトミルク」「エンドウ豆ミルク」などもあるんだとか。味や栄養素は、原料となる素材の味によって異なりますが、どれも特徴的な美味しさがあります。

代替肉(大豆ミート)

牛を一頭育てるのに必要な穀物などの餌は10kg、水は22,000L。畜産業は、環境に大きな負荷をかけていると言われています。
世界中で工業型畜産が進んでおり、家畜の放牧地確保や餌用農地のため多くの森林伐採が行われています。

代替肉は、大豆などの豆類を主原料とした植物性のお肉です。肉の味や食感、風味を再現しており、海外ではKFCが代替肉チキンを販売して話題になりました。日本でも、スーパーなどで目にすることが増えています。

ヴィーガンチーズ

日本ではまだあまり知られていない「ヴィーガンチーズ」ですが、欧米では多くのスーパーマーケットで見つけることができます。

ヴィーガンチーズは、動物性成分を一切含んでいない代替チーズです。ノンコレステロール、低カロリーなのでヘルシーな食生活を心がけている人にもおすすめ。味や香り、舌触りはチーズそのもので、一般的なチーズと見分けがつかない物もあります。

青カビ風など様々なテイストがあるので、料理に使ったりワインのおつまみにしたりと使い方は様々。乳製品が体質的に合わない方も安心して食べられます。

フェアトレードコーヒー

フェアトレードとは直訳で“公平・公正な貿易”です。
世界には、商品の価格を抑えるために生産者に公正な賃金が払われなかったり、劣悪な労働環境で働貸されているなどの現状があります。

フェアトレード商品は、カカオや果物、ワインや衣類など様々なものがありますが、大きな割合を占めるのはコーヒーです。
国際フェアトレード認証ラベルは、厳しい基準をクリアした商品に付けられます。フェアトレードコーヒーを探す際の参考にしてください。

エシカルフードへの取り組み

エシカルフードへの取り組み

エシカルフードに取り組んでいる企業はたくさんあります。その中で、ユニークな取り組みをしている企業や大手企業を紹介します。

無印良品

プラスチック包装を減らしたり、ペットボトル飲料の販売をやめた無印良品。
そんな無印良品のエシカルフードは、一時期話題となった「コオロギせんべい」。

コオロギをはじめとする昆虫食は、将来起きると予測されている世界の食糧危機への対策として注目されています。
栄養価の高さや、環境への負荷の少なさから、国連食糧農業期間(FAO)も推奨しているとのこと。

“コオロギ”と聞くと驚きますが、その味は海老に近く、嫌な匂いや味は一切しません。
「エビは海の昆虫、コオロギは陸のエビ」と言われていて、生物学的に近い存在のようです。

イオン

イオンでは、プライベートブランドで販売するすべてのカカオで使用する原料を、持続可能性の裏付けがとれたものへと変換するという目標を設定しています。

トップバリュでは、フェアトレード認証を受けたチョコレートやジャム、コーヒーなどを取り扱っています。
また、大豆から作ったミンチやハンバーグなど、代替肉商品も幅広く扱っているため、手軽にエシカルフードを手に入れることができます。

NEXT MEATS

「地球を終わらせない」この理念のもと、社会問題解決型フードテックベンチャー「NEXT MEATS(ネクストミーツ)」は誕生しました。

ネクストミーツは、植物性代替肉の商品を開発・販売している会社です。
代表的商品である「NEXTカルビ」や「NEXTハラミ」の他、牛丼やバーガー、チキンなどがあります。焼肉専門店「焼肉ライク」では、ネクストミーツのお肉を食べることができます。

まとめ

まとめ

エシカルフードは、地球にも人にも優しい食品です。
オーガニックやフェアトレード、動物性食品の代替品などを探しても、大きなスーパーや都会でしか手に入らない場合があり、一般的とはまだ言えません。

「食」は、私たちが生きる上で必要不可欠なものです。
消費者である私たちが、毎日の食事の一部をエシカルフードに変えるだけで、地球や生産者の未来が良い方向に進むでしょう。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

RELATED

PAGE TOP