つくる責任 つかう責任

食品ロスが起きる原因は?削減のためにできること

「食品ロス」という言葉が、テレビや雑誌などで取り上げられています。
カフェやスーパーなどでも”食品ロス削減のために”というポップを見かけることも増えました。

「食品ロス」とは、食べられるのに捨てられる食品をさします。
毎日、驚くべき量の食べられる食品が捨てられているのです。

しかし「食品ロスってどのくらい問題なの?」「なんで食品ロスが起きるの?」などと疑問に思っている方も多いのではないでしょうか?

この記事では、食品ロスの現状や影響、そして食品ロスが起きる原因を説明します。
また、私たちが食品ロス削減のためにできることも紹介しているので、最後まで読んでみてください。

食品ロス問題とは?

食品ロス問題とは?

「食品ロス」とは、まだ食べられるのに捨てられてしまう食品のことです。

最近になって耳にする機会が増えたため、新しい言葉のように思われがちですが、実は約30年前から「食品ロス」という言葉は使われています。

食品ロスは、日本のような先進国だけでなく、発展途上国でも多く発生しており、全世界で解決すべき問題の1つとなっているのです。

食品ロスの現状

世界では年間13億トンもの“まだ食べられる食料”が廃棄されています。
その量は、世界の食料生産量の3分の1に相当しており、私たちは自分たちで作った3分の1の食料を食べることなく捨てていることになります。

2018年度の集計では、日本での廃棄は約600万トン/年です。
日本の人口一人当たりの食品ロス量は約47kg/年で、毎日お茶碗1杯分の食料を捨てている計算になります。
参照元:食品ロス量(平成30年度推計値)の公表について|農林水産省

「生活の中で食品を捨てることはない」という方もいるかもしれません。

しかし、24時間豊富な品揃えが期待されるコンビニやスーパーなどの「〇〇でなければならない」という認識が、食品ロスを生み出していると言えます。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://mirasus.jp/sdgs/consumption-production/797]

企業や家庭で食品ロスが起きる原因

企業や家庭で食品ロスが起きる原因

日本での食品ロスの原因は大きく分けて2つあります。

・企業から出る食品ロス(事業系食品ロス)
・家庭から出る食品ロス(家庭系食品ロス)

年間約600万トンのうち、事業系食品ロスは約324万トン、家庭系食品ロスは約276万トンと報告されています。
どこから、これだけの食品ロスが発生してしまうのでしょうか?

なお、上記で「発展途上国でも食品ロスが起きている」と述べましたが、発展途上国での食品ロス発生の理由は先進国とは異なります。
発展途上国では、せっかく食べ物を作っても技術不足で収穫できなかったり、流通や保管環境が整っていないため、売られる前に腐ってしまうなどの理由が多いです。

ここでは日本における食品ロスの原因を見ていきます。

企業での食品ロス

企業での食品ロス(事業系食品ロス)は、スーパーやコンビニなどの小売店において、多く発生しています。

様々な商品がたくさん並べられている状態を保つために、多くの在庫を持ちます。
しかし、商品によっては売れなかったり、仕入れが多すぎて販売期限内に売り切れず、廃棄されてしまうのです。

2018年度の事業系食品ロスの内訳は、以下のとおりです。

・食品製造業:126万トン
・外食産業:116万トン
・食品小売業:66万トン
・食品卸売業:16万トン
参照元:食品ロスポータルサイト事業者向け情報|環境省

日本では、食品製造業での廃棄が最も多いです。この理由として、高すぎる品質基準が挙げられます。
商品の見た目に高い品質基準が設けられていて、そのため、形やサイズ、重さなどが規格に合わない食品は、破棄されてしまうのです。

家庭での食品ロス

家庭での食品ロス(家庭系食品ロス)の原因は、主に3つあります。

・作りすぎによる食べ残し
・調理しないままの破棄
・食べられる部分も捨ててしまう

消費者庁が2017年に徳島県で行った調査では家庭系食品ロスの要因は、食べ残し57%、傷み23%、賞味・消費期限切れ11%という結果になりました。

家庭で出る食品ロスの半分が、食べきれないことによる廃棄でした。

参照元:暮らしに役立つ情報「もったいない!食べられるのに捨てられる「食品ロス」を減らそう」|政府広報オンライン

捨てられやすい食品は、多い順から主食(ご飯やパン、麺類)、野菜、おかずとなっています。

「消費期限」と「賞味期限」の誤認識も食品ロスの要因の一つと言えるでしょう。
「消費期限」は食べても安全な期限なのに対し、「賞味期限」はおいしく食べられる期間です。

賞味期限を過ぎたからといってすぐに破棄するのではなく、自分で食べられるかどうかを判断することも大切です。

食品ロスによる影響

食品ロスによる影響

食品ロスが及ぼす影響は様々ですが、大きく分けて3つに分類されます。

・環境問題
・食糧不足
・経済的損失

廃棄された食品は、焼却処分されます。その際に排出される二酸化炭素は、地球温暖化を助長します。
食品ロスが多ければ多いほど、地球温暖化を促進させてしまうのです。

また世界人口の9人に1人は飢餓に苦しんでいるという現状があります。
世界の食料援助量は2019年で約420万トン/年ですが、その1.4倍の量を日本では廃棄しています。

多くの食品を輸入しているにも関わらず、大量の食品ロスを排出しているという矛盾も生じています。
せっかく買った食品を食べずに捨てるのは、経済的にもよくありません。

SDGs「目標12.つくる責任つかう責任」での食品ロス

SDGs「目標12.つくる責任つかう責任」での食品ロス

SDGs(持続可能な開発目標)では「目標12.つくる責任つかう責任」の中で食品ロスに触れられています。

12.3 世界全体の一人当たりの食料廃棄を半減させ、生産・サプライチェーンにおける食品ロスを減らす

このターゲットを達成するためには、国や自治体だけでなく、個人、企業、NPO法人など様々な方の協力が欠かせません。

また、国は事業系食品ロスや家庭系食品ロスを2030年までに2000年比で半減するという目標を立てています。
目標数値は、事業系食品ロスでは約273万トンです。

参照元:食品ロス削減に向けて|農林水産省食料産業局 

私たちが食品ロス削減のためにできること

私たちが食品ロス削減のためにできること

食品ロスを少しでも減らすために、私たちにできることはたくさんあります。
家庭系食品ロスの削減には、以下のような対策ができます。

・食品を買いすぎない
・食べられる分だけ作る
・食品を使い切る
・賞味期限をチェックする

冷蔵庫を確認してから買い物に行ったり、野菜などの皮の剥きすぎに注意するなど、普段の生活で少し意識すればできる事ばかりです。
また、外食時は食べきれる量を注文したり、食べきれない分は持ち帰ることも食品ロス削減に繋がるでしょう。

近頃は、持ち帰り用の容器(ドギーバッグ)が利用できる飲食店も増えています。
もし食べきれなければ、お店に聞いてみると良いかもしれません。

環境省から発行されている「自治体商品向け食品ロス削減のための取り組みマニュアル」では、各自治体の食品ロス削減の取り組みが紹介されています。

自分の住む地域や周辺の地域で、どのような取り組みが行われているかを知ることも大切です。

まとめ|食品ロスの原因を知り行動に移そう

まとめ

日本は先進国の中でも食料自給率が低く、多くの食品を海外から輸入しています。
しかし、食品ロスが多いという現状は、一刻も早く解決しなければならない問題となっています。

今回、食品ロスの原因を企業と家庭でそれぞれご紹介しました。
全食料廃棄の半分近くを占める家庭での食品ロスに対して、上記でご紹介したように、私たちができる取り組みも様々あります。

いきなり食品ロスをゼロにするのは難しいでしょう。でも、一人ひとりが生活の中で少し意識するだけで、食品ロスは削減できます。
最後に紹介した「わたしたちにできること」を参考に、無理のない範囲で行動してみてはいかがでしょうか。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

RELATED

PAGE TOP