つくる責任 つかう責任

エシカルウェディングのアイデア集|みんなが幸せになる結婚式をしよう。

世界中で注目されているエシカル消費。
その流れは、日本のウェディングの分野にも少しずつ広がりをみせています。

「そもそもエシカルウェディングってなに?」
「エシカルウェディングの具体的なアイデアは?」

本記事はそんな疑問にお答えするため、以下の内容をご紹介します。

・エシカルウェディングとは、人や環境に配慮したウェディングのこと
・「もの」に宿る、さまざまなストーリー
・エシカルウェディングの具体的なアイデア
・「エシカル」を専門とする会社を利用する手もあり

ウェディングは、新郎新婦やその家族にとって、普段以上に幸せを感じられる特別なイベントです。
エシカルウェディングで、より一層幸せを感じられるものにしませんか。

エシカルウェディングとは、人や環境に配慮したウェディングのこと

エシカルウェディングとは、人や環境に配慮したウェディングのこと

「エシカルウェディング」とは、文字通り「エシカル」の要素を取り入れたウェディングのことです。
海外で大きな流れとなっている「エシカル消費」も、残念ながら日本ではまだまだ知名度が低い言葉です。

そもそも、「エシカル」とはどのような意味をもつ言葉なのでしょうか。

「エシカル」とは、英語の形容詞で「倫理的な」「道徳上の」という意味をもちます。
それが、「人や環境、社会などに配慮された」という意味で使われるようになりました。

主に「エシカル消費」という言葉が使われており、人や環境、社会などに配慮した消費行動を指します。

エシカル消費の例

・フェアトレード認証ラベルがついた商品を選ぶ
・地域でつくられたものを選ぶ(地産地消)
・エコな商品を選ぶ
・必要なものを必要な分だけ購入する

つまり、「エシカル」とは、人や環境に思いやりをもつということです。
ウェディングに使われる衣装や食材、ギフトなどをエシカルなものにすることで、環境に配慮し生産者にも幸せを届けられる可能性があるのです。

「もの」に宿る、さまざまなストーリー

「もの」に宿る、さまざまなストーリー

私たちは生活の中で、多くのものを消費します。
その「もの」には必ず物語がありますが、その商品を誰がどんな環境でつくったのか、私たち消費者が知ることはなかなか難しいことです。

しかし、そこには児童労働や強制労働など、過酷な環境で働く人たちの存在があるかもしれないのです。

SDGsが示すように、世界は多くの難題を抱えています。
「エシカル消費」は、SDGsの17項目のうち12番目「つくる責任、つかう責任」に関連が深い取り組みです。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://mirasus.jp/sdgs/consumption-production/2159]

規模によっては、とても多くのものを消費するウェディング。
そこにエシカルの要素を取り入れることは、消費者としてできる大事な取り組みのひとつといえます。

児童労働や強制労働など、悲しいストーリーをもつアイテムはウェディングには似合いません。
すてきなストーリーをもつエシカルなアイテムを、ウェディングに取り入れてみませんか。

エシカルウェディングの具体的なアイデア

エシカルウェディングの具体的なアイデア

ここでは、エシカルウェディングの具体的なアイデアをご紹介します。

すべてをエシカルなものでそろえることは、「エシカル」という言葉さえ普及していない日本ではとても手間がかかることかもしれません。
しかし、わずかな工夫でエシカルな要素は取り入れることができます。

負担にならないためにも、無理のない範囲で取り入れてみましょう。

指輪|幸せとはほど遠い「紛争ダイヤモンド」

宝石のなかには紛争地域原産のものがあり、紛争の資金源となっていることはご存じでしょうか。

その中でもダイヤモンドは、紛争ダイヤモンド、ブラッド(血塗られた)ダイヤモンドと呼ばれます。
幸せの象徴ともいえる結婚指輪のダイヤモンドにそのようなおそろしい背景があると、幸せとはほど遠いイメージがついてしまいます。

しかし、ご安心ください。
日本に輸入されているダイヤモンドは、コンフリクトフリー(紛争の資金源となっていない)であると証明されたものです。
不安な方は、購入前にブランドに問い合わせてみると安心です。

また、ティファニーなどコンフリクトフリーを掲げるブランドもあるので、チェックしてみるとよいでしょう。

披露宴などの食事|地産地消で地域に貢献

披露宴や二次会のパーティーの食事のコンセプトを「地産地消」にすれば、地域に貢献できるだけではなく、輸送エネルギーの削減にもつながります。

エシカルマーク(MSC認証やフェアトレード認証)がついた食品を使うこともおすすめです。

そして、食事による最大の問題は食品ロス(食べ残し)です。
披露宴に出席したときに、食べきれずに残してしまう人も多いのではないでしょうか。
中には、お酒ばかりが進んで食事にほとんど手をつけない人もいます。
また、おもてなしの気持ちから式場側も、食べきれないほどの料理を提供する傾向にあります。

そこで、コース料理の量を抑えるという工夫を取り入れてみませんか?
また、残ったものを持ち帰ることができれば、式場にとっては廃棄物が減り、お客様にとっては式場のおいしい料理を持ち帰ることができて、両者にメリットがあります。

政府も食べ残しの持ち帰りを推進しています。
食品ロスがでないよう、式場と相談してエシカルなアイデアを取り入れてみましょう。

また、司会者に協力してもらうこともおすすめです。
宴が盛り上がると、話に夢中になって食事の手が止まってしまうお客様も少なくありません。

司会者に、お客様に対してうまく食事をすすめてもらいましょう。

引き出物|エシカルな商品をギフトに

フェアトレード認証ラベルがついた商品や寄付がついた商品を選ぶと、エシカルな引き出物になります。

他にも、被災地の特産品を選んで復興を支援したり、引き出物の包装を簡易包装にしたりというアイデアも。

被災地復興や寄付など、引き出物にどんなエシカルなテーマをもたせたいのかを最初に決めておくと、ギフト選びがスムーズになるでしょう。

ドレス|素材やリメイクでエシカルに

フェアトレードされた素材や、オーガニックコットンで作られたドレスはいかがですか?
オーガニックコットンは、その製造に関するすべての工程において、人や環境に配慮して作られています。

その他にも、親から譲り受けたものをリメイクしたドレスや、必要なときだけ借りるレンタルドレスも、エシカルなものといえます。

自分なりにエシカルな要素をドレスに取り入れてみましょう。

招待状などの印刷物|再生紙を使うなどの工夫を

招待状や席次表、メニュー表など、ウェディングには印刷物が多くあります。
残念ながら、その大半はゴミとなってしまうので、ぜひ工夫したいところです。

印刷用紙に再生紙を使ったり、印刷物の種類を減らしたりしてみませんか?
例えば、披露宴の当日に使われる席札や席次表、メニュー表をひとつにまとめるなど、できる範囲で工夫をしてみましょう。

「エシカル」を専門とする会社を利用する手もあり

「エシカル」を専門とする会社を利用する手もあり

新郎新婦だけでなく、アイテムの生産者にも幸せをもたらすエシカルウェディング。

しかし、「エシカル」という言葉自体が浸透していない日本では、エシカルウェディングに理解が少ない式場もあるでしょう。
その場合、うまく対応してもらえず、エシカルなウェディングアイテムをそろえることが難しい可能性もあります。

そこでご紹介したいのが、フェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。
ピープルツリーは、扱う商品がフェアトレードであるだけではなく、フェアトレード団体としのWFTO(世界フェアトレード連盟)の認証を受けています。
染料や包装、配送など細やかな部分まで、人や環境に配慮されています。

一例としてピープルツリーで扱うドレスをご紹介します。

コットンシルクドレスは、シンプルな形でありながらもたくさんの刺繡(ししゅう)がほどこされたドレスです。
カジュアルで落ち着いた雰囲気のウェディングを希望する人にぴったりのアイテムです。
織り手の顔や村の歴史なども知ることができるので、ドレスに対してより一層の愛着がわくでしょう。

また、購入金額の一部は生産者団体に寄付されます。
ギフトアイテムはもちろん多数の雑貨も取り扱いがあるので、ウェディングギフトや新生活にもおすすめです。

まとめ

まとめ

エシカルウェディングやその具体的なアイデアなどをご紹介しました。

これまでのウェディングは、新郎新婦やその関係者が幸せを感じられるイベントでした。
しかし、エシカルウェディングにすることで、自分のまわりの人たちに限らず生産者にも幸せを届けられ、環境にも優しいものとなります。
そして、それは小さな工夫やアイデアで実現できることなのです。

あなたのエシカルウェディングを通じて、挙式披露宴に訪れた人たちにも「エシカル」が広がっていけば、世界に幸せが連鎖していくでしょう。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

RELATED

PAGE TOP