安全な水とトイレを世界中に

水不足とは?水不足の現状や原因、水不足を解消するためにできること

日本は水資源が豊かな国だと言われています。
蛇口をひねれば、当たり前のように水が出てくるからです。

地震などの災害や、水道管に何らかの問題が無ければ、水に困ることはほとんどありません。
水のありがたさを実感することがほとんどなく、水に関しては幸せな国です。

水不足とは無縁に感じる日本。
しかし、私たち日本人も『水』の使い過ぎに注意が必要です。

なぜなら、私たち日本人は世界の『水』を間接的にたくさん使っているからです。
世界の水を使い過ぎれば、その報いは巡り巡ってすべてが自分たちに返ってくるのです。

世界の国や地域では、慢性的な水不足が深刻化しています。
水不足の現状や原因を知り、一人ひとりが水をできるだけ節約していくことが大切です。

この記事は水不足について解説していきます。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://mirasus.jp/sdgs/water-and-sanitation/2322 target=]

水不足の原因と世界中の現状

水不足の原因と世界中の現状

世界中に目を向けると、水不足が深刻な国や地域がたくさんあります。
例えば、内陸国や砂漠が多い地帯などに水不足が大きな問題になっています。

干ばつや災害、浄水施設の不足により、さまざまな地域で水不足が起こっているのです。
2019年のユニセフの発表によると、世界で約22億人の方々が、いまだに安全な水の提供を受けられていません。

参照元:水と衛生 進歩と格差 22億人、安全に管理された飲み水入手できず 42億人、安全に管理された衛生施設(トイレ)使えず |ユニセフとWHO共同監査報告書発表|unicef

世界の水不足の原因はさまざまですが、ここでは主な3つの原因について解説していきます。

・世界人口が増加しているから
・水の使用量が増加しているから
・地球温暖化が進んでいるから

世界人口が増加しているから

世界人口白書2021によると、2021年の世界人口は78憶7500万人で、昨年に比べ8000万人増加しています。

また人が暮らしていくためには、1日当たり100リットルの水が必要と言われています。

つまり、78億7500万人が毎日100リットル以上の水を使っていることになります。(毎日7875億リットル以上)

世界人口は、2050年には97億人に達する見通しです。
今よりも20億人増加します。

20億×100リットル以上の安全な水(2000億リットル以上)が、毎日いまよりも必要になる計算です。

水の使用量が増加しているから

1950年から1995年の45年間で、世界の人口は約2.2倍になりましたが、世界の水の使用量は約2.6倍になっています。
つまり、人口が増える割合以上に水を消費する割合は増えるのです。

水の需要は2000年から2050年の間に、主に製造業の工業用水で+400%、発電で+140%、生活用水で+30%の増加が見込まれており、全体では55%の水需要の増加が見込まれています。

それに伴い、 2050年には深刻な水不足に見舞われる河川流域の人口は、39 億人(世界人口の40%以上)になるとの予想もされています。

地球温暖化が進んでいるから

二酸化炭素などの地球温暖化ガスの影響によって、世界中で気候変動が起きており、世界の水不足にも大きな影響を与えています。

温暖化が進むと、洪水や干ばつなどの異常気象が起き、私たちが使える水の量にも大きな変化をもたらします。

・氷河や永久凍土の融解
・大気に蒸発する水が増加
・海面の上昇による環境変化
・干ばつによる森林の破壊
・ますます地球が温室化

温暖化が進むと以上のような負のループが回ってしまいます。

世界では湖が干上がってしまったり、地下水が枯渇したり、水不足による地域紛争が起きたりしています。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://mirasus.jp/sdgs/water-and-sanitation/811]

日本人は世界の『水』を大量に使っている

日本人は世界の『水』を大量に使っている

機械を動かしたり、製品を洗浄したり、家畜や農作物を育てたりするのには、大量の水が必要です。

例えば、1kg のトウモロコシを生産するには、1,800 リットルの農業用水が必要です。
また、牛肉1kgを生産するには、その約20,000 倍もの水が必要です。

私たち日本人は、海外からたくさんの製品や食料を輸入しています。
それらを生産するためには、大量の水も消費しているのです。

こうした間接的に消費する水のことを『バーチャルウォーター』といいます。
2005年において、海外から日本に輸入されたバーチャルウォーター量は、約800 億立方メートルと言われています。

その大半は、食料に起因したバーチャルウォーターです。
約800億立方メートルという水の量は、日本国内で使用される年間水使用量と同程度です。

冒頭、日本は水資源が豊かであるとしましたが、実は日本は、日本の水だけでは暮しが成り立たない水不足国家なのです。
世界中の『水』を間接的に大量消費している国なのです。

参照元:世界の水が私たちの生活を支えています|環境省

世界では水紛争が起きている

世界では水紛争が起きている

日本は島国ですので、水紛争にはなじみがあまりありません。
しかし、世界では様々な要因によって水紛争が起きています。

水紛争の原因としては主に、

・ 水資源配分(湖や河川の上流地域での過剰取水)
・ 水質汚濁(上流地域での汚染物質排出など)
・ 水の所有権
・ 水資源開発と配分

が問題点となっています。

水は上流から下流に向かって流れていきます。
上流にある国が、水の流れを変えてしまったり、水質を汚染してしまったりすると、下流にある国は大きな損害を被ります。

水をめぐる争いは大きな国際問題に発展することもあり、水不足がもたらす影響は計り知れないのです。

参照元:水資源問題の原因|環境省

水不足のために私たちができること

水不足のために私たちができること

水不足は世界中で起きています。
日本は間接的に世界中の水を大量に使っていることもわかりました。

水道をひねればいつでも水が出てくる日本とは言え、水を無駄できない理由が見えてきたと思います。
では、水不足のために私たちにできることは何があるのでしょうか?

・普段の生活から節水を心がける
・生活排水の汚れを極力減らす
・寄付をする

それぞれを詳しく解説していきます。

普段の生活から節水を心がける

まずは身近なところの節水を心がけましょう。

例えば、手を洗う際や歯を磨く際、水を出しっぱなしにしないようにします。
食器洗いをする際も、スポンジでお皿を洗っている間は水を止めるようにします。

お風呂の残り湯を洗濯に再利用すれば、大幅な水の節約になります。
水を節約すれば、家計にも優しくなるので、一石二鳥です。

もし、すべての日本人が1日1リットルの水を節約できれば、毎日1億2500万リットルというとてつもない量の水が節約できることになります。

生活排水の汚れを極力減らす

台所ではたくさんの排水が発生します。
できるだけ水を汚さないように注意しましょう。

下水処理にはエネルギーを消費しますし、汚泥から出るガスは温暖化の原因にもなります。
汚れたものをきれいにするために大量の水やエネルギーを使ってしまうので、水不足や温暖化の原因にもなるのです。

例えば、油汚れやお皿に残ったソースなどはそのまま流すのではなく、新聞紙やキッチンペーパーなどで拭き取ります。
米のとぎ汁は畑や花壇の水やりに、洗剤はたっぷりつけなくても汚れは落ちます。

なるべく水を汚さない工夫をすることが大切です。

寄付をする

世界では水不足が原因で、飲み水さえも確保できない人たちがたくさんいます。
寄付をすることで、井戸を作ったり、浄水したりすることができるようになります。

例えば、ユニセフに3000円寄付すると、汚れた水を安全な飲み水にする浄水剤7,025錠(35,125リットル分)に変わるそうです。

参照元:どんなに水が汚くてもこの水を飲むしかない…|unicef

まとめ

まとめ|水不足とは?水不足の現状や原因、水不足を解消するためにできること

この記事では水不足の現状と原因、そして水不足を解消するためにできることについて解説してきました。

水資源が豊かなように思える日本も、実は水不足とは無縁でありません。
世界の水を間接的に使っていて、その量は国内で使っている水とほぼ同じ量なのです。

国内の水だけでは生活ができない、水不足国家と言えるでしょう。
また、地球温暖化が進んでおり、環境の破壊や温室ガスの発生を抑えなければ、日本も大きな影響を受けることになります。

1人が1リットルの水を節約するだけで、世界で毎日75億リットルの水が節約できます。

一人ひとりの節約が小さなものであっても、世界中で積み上げれば大きな力になります。
まずは日ごろの節水から始めてみましょう!

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
MIRASUS

MIRASUS編集部。地球と人に優しい未来をつくるサステナビリティな事例をご紹介。誰にでもわかりやすくSDGsに関する情報は発信していきます。

  1. セブンイレブンのエシカル宣言『GREEN CHALLENGE(グリーン・チャレンジ)2050』私たちの挑戦で、未来を変えよう

  2. カゴメのSDGsやCSRに関する取り組みをご紹介!

  3. 人種差別をなくすには何が必要か?私たちにできることを考える

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

RELATED

PAGE TOP