公式LINEアカウントでも絶賛配信中!

友だち追加
SOCIETY

国連グローバル・コンパクトとは?参加企業の役割と貢献について

国連グローバル・コンパクト(UNGC)とは、持続可能な成長を目指す世界的な枠組みです。
この記事では、その概念、10の原則、参加企業、そしてそのメリットについて解説します。

国連グローバル・コンパクト(UNGC)とは?

国連グローバル・コンパクト(UNGC)とは?

国連グローバル・コンパクト(UNGC)は、企業が社会的責任を果たすための国際的な枠組みです。1999年の世界経済フォーラム(ダボス会議)で、当時の国連事務総長コフィ・アナン氏によって提唱されました。この枠組みは、企業が持続可能な成長を実現するためのもので、全世界の企業に対して適用されます。

UNGCの定義

UNGCは、企業が社会的責任を果たすための10の原則を掲げています。
これらの原則は、人権、労働、環境、腐敗防止の4つの分野に分けられます。企業が社会的責任を果たすための行動指針となり、企業が社会的、環境的な問題に対して積極的に取り組むことを促します。

UNGCの目的

UNGCの主な目的は、企業が持続可能な社会の実現に貢献することです。これは、企業が社会的、環境的な問題に対して積極的に取り組むことを促すことで達成されます。
具体的には、企業がUNGCの10の原則に従い、そのビジネス活動を通じて人権の尊重、労働基準の確立、環境保護、腐敗防止などの社会的価値を実現することが求められます。

UNGCの成立の背景

UNGCは、国連事務総長コフィ・アナン氏が1999年の世界経済フォーラム(ダボス会議)で提唱しました。当時、グローバル化が進む中で、企業の社会的責任が問われるようになり、企業が社会的な問題に対してより積極的に取り組むことが求められました。
その結果、企業が社会的責任を果たすための具体的な行動指針として、UNGCが提唱されることとなりました。

国連グローバル・コンパクト(UNGC)の10原則

国連グローバル・コンパクト(UNGC)が提唱する10の原則は、企業が社会的責任を果たすためのガイドラインです。これらの原則は、企業が社会的、環境的な問題に対して積極的に取り組むことを促すもので、全世界の企業に対して適用されます。

人権の尊重

原則(1):企業は、国際的に宣⾔されている⼈権の保護を⽀持、尊重すべきである
原則(2):企業は、⾃らが⼈権侵害に加担しないよう確保すべきである

原則1と2は、企業が人権を尊重し、侵害に加担しないことを求めています。これには、従業員や顧客、地域社会の人々の基本的な権利を尊重し、その権利を侵害する行為を避けることが含まれます。

労働基準の確立

原則(3):企業は、結社の⾃由と団体交渉の権利の実効的な承認を⽀持すべきである
原則(4):企業は、あらゆる形態の強制労働の撤廃を⽀持すべきである
原則(5):企業は、児童労働の実効的な廃⽌を⽀持すべきである
原則(6):企業は、雇⽤と職業における差別の撤廃を⽀持すべきである

原則3から6は、労働基準に関するものです。これには、結社の自由、強制労働の撤廃、児童労働の廃止、雇用と職業における差別の撤廃が含まれます。これらの原則は、従業員の権利を保護し、公正な労働環境を確立することを目指しています。

環境保護

原則(7):企業は、環境上の課題に対する予防原則的アプローチを⽀持すべきである
原則(8):企業は、環境に関するより⼤きな責任を率先して引き受けるべきである
原則(9):企業は、環境に優しい技術の開発と普及を奨励すべきである

原則7から9は、環境保護に関するものです。これには、予防原則的アプローチ、環境に関する責任の引き受け、環境に優しい技術の開発と普及が含まれます。これは、企業が環境問題に対して積極的に取り組み、持続可能な社会の実現に貢献することを目指しています。

腐敗防止

原則(10):企業は、強要や贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗の防止に取り組むべきである

原則10は、腐敗の防止に関するものです。これは、企業が強要と贈収賄を含むあらゆる形態の腐敗に対して取り組むことを求めています。この原則は、企業が公正なビジネス環境を維持し、社会の信頼を獲得するために重要です。

国連グローバル・コンパクト(UNGC)の参加企業

国連グローバル・コンパクト(UNGC)は、世界中の企業や団体が参加する国際的な枠組みです。これらの組織は、UNGCの10の原則に従うことを公約し、その遵守状況を定期的に報告します。

グローバルな参加企業

2015年7月時点で、世界約160ヶ国、1万3000を超える団体がUNGCに署名しています。これらの組織は、さまざまな産業や規模の企業、非営利団体、教育機関、市民社会団体などを含みます。

日本の参加企業

日本では、2003年にグローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン(GCNJ)が発足し、2011年に法人化されました。GCNJは、日本の企業や団体がUNGCの原則に従うことを支援する役割を果たしています。2015年8月時点で、205の企業と団体がGCNJに加盟しています。

国連グローバル・コンパクト(UNGC)のメリット

国連グローバル・コンパクト(UNGC)のメリット

UNGCに参加することは、企業にとって多くのメリットをもたらします。これは、企業の社会的責任を果たすための具体的な行動指針を提供し、企業の社会的、環境的なパフォーマンスを向上させる機会を提供します。

企業のメリット

企業は、UNGCの原則に従うことで、社会的責任を果たすことができます。企業の評価を高め、ビジネスの成功に寄与します。
また、UNGCの原則に従うことは、企業のリスク管理を強化し、企業の持続可能性を向上させることにも寄与します。

社会のメリット

UNGCの原則に従う企業が増えることで、社会全体が持続可能な成長を達成することが可能になります。
これは、企業が社会的、環境的な問題に対して積極的に取り組むことで、社会全体の持続可能性が向上することを意味します。

まとめ

国連グローバル・コンパクト(UNGC)は、企業が社会的責任を果たすための国際的な枠組みです。人権、労働、環境、腐敗防止の4つの分野に関する10の原則を掲げており、これらの原則は企業の社会的、環境的な問題に対する取り組みを促します。世界中から多くの企業が参加しており、日本でも200以上の企業・団体が加盟しています。

UNGCに参加することは、企業にとって社会的責任を果たすための具体的な行動指針を提供し、企業の評価を高めるとともに、社会全体の持続可能な成長に寄与します。これらの取り組みは、企業だけでなく、社会全体にとっても大きなメリットをもたらします。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
MIRASUS

MIRASUS編集部。地球と人に優しい未来をつくるサステナビリティな事例をご紹介。誰にでもわかりやすくSDGsに関する情報は発信していきます。

  1. トータルリユースで持続可能な社会を!レクストホールディング株式会社をご紹介

  2. 多彩な取り組みでSDGsを身近に!「SDGs学生団体 綾いと」の挑戦とビジョン

  3. 寝具のリサイクル率はたったの2%、寝具廃棄の現状とその打開策とは?

寄付実施の報告

公式LINEアカウントでも絶賛配信中!

友だち追加




UZUZ



新卒就活 アスリートエージェント

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP