公式LINEアカウントでも絶賛配信中!

友だち追加
SOCIETY

エイジズムとは?偏見の構造と年齢差別の解消へ向けて

エイジズムという言葉を聞いたことがありますか?これは年齢を理由にした偏見や差別を指す言葉です。
この記事では、エイジズムの意味、例、原因、問題点、そして解決策について詳しく解説します。

エイジズムとは?

エイジズムとは?

エイジズムは、年齢を理由にした偏見や差別のことを指します。これは全世代に対する偏見や差別を含む広義の意味と、特に高年齢者に対する偏見や差別を指す狭義の意味があります。

エイジズムの広義と狭義

エイジズムは広義と狭義の二つの視点から理解することができます。
広義のエイジズムは、年齢に関わらず全ての世代に対する偏見や差別を含みます。これは若者に対する偏見や、中年層に対するステレオタイプなども含む概念です。
一方、狭義のエイジズムは特に高年齢者に対する偏見や差別を指します。これは高齢者に対するサービスの制限や、年齢を理由にした職場での差別などが該当します。

エイジズムの意味

エイジズムの意味を深く理解するためには、WHO(世界保健機関)の定義を参考にすると良いでしょう。

WHOのエイジズムの定義

WHOはエイジズムについて、年齢を根拠にする「固定観念(考え方)」「偏見(感じ方)」「差別(行動)」の3層があると指摘しています。これは、年齢に対する固定的な考え方や感じ方が、具体的な行動となって現れるという概念です。

エイジズムの具体的な行動

エイジズムは具体的な行動としても現れます。年齢を理由にした解雇などは明らかな差別行動といえます。

しかし、エイジズムはそれだけではありません。年齢に対する「固定観念」や「偏見」は、差別行動に直結しないまでも、人々の意識や態度に影響を与え、結果として年齢に基づく不平等を生み出す可能性があります。

エイジズムの例

エイジズムは日常生活の中でさまざまな形で現れます。それは職場での扱いから、社会サービスの提供、さらには言葉の使い方に至るまで、私たちの生活のあらゆる側面に影響を及ぼします。

高齢者に対するエイジズム

高齢者に対するエイジズムは、特に社会的な問題となっています。
例えば、職場でのスキルや能力を年齢だけで判断することや、高齢者に対するサービスや製品の提供を制限することなどが挙げられます。

職場でのエイジズム

職場では、高齢者が新しい技術を学ぶ能力がないという固定観念から、研修の機会を奪われることがあります。また、年齢だけを理由に昇進の機会を制限されたり、解雇されたりすることもあります。

サービス提供におけるエイジズム

高齢者に対するサービスや製品の提供を制限することもエイジズムの一例です。例えば、高齢者に対する新しい技術製品の販売を避ける、あるいは高齢者向けのサービスを限定的にするなどです。

若者に対するエイジズム

一方、若者に対するエイジズムも無視できません。新しい技術やアイデアを持つ若者が、経験や伝統を重んじる社会の中で理解されずに排除されることもあります。

職場でのエイジズム

若者に対するエイジズムの一例としては、職場での経験不足を理由にした待遇の差別があります。また、若者の意見が軽視され、彼らの新しいアイデアや視点が十分に評価されないこともあります。

社会的なエイジズム

社会全体においても、若者に対するエイジズムは存在します。若者の政治的な意見が軽視されたり、若者が社会問題について語る機会が制限されたりすることもあります。

エイジズムの原因

エイジズムの原因

エイジズムがなぜ起こるのか、その原因は多岐にわたります。一般的には社会的な価値観やステレオタイプ、無意識の偏見などが関与しています。

社会的価値観

社会全体が年齢に基づく価値観を持つことが、エイジズムの一因となります。例えば、若さを美とする価値観や、年齢と経験を等価に見る価値観などがこれに該当します。

ステレオタイプと偏見

年齢に対するステレオタイプや偏見もエイジズムを生む大きな要因です。これは「若者は経験が浅い」や「高齢者は新しいことを学ぶ能力が低い」などの固定的な観念により生じます。

エイジズムの問題点

エイジズムがもたらす社会的、個人的な問題点は深刻です。それは職場の生産性の低下から、社会的な分断、個々人の自尊心や健康状態の悪化に至るまで、さまざまな問題を引き起こします。

社会的な問題点

エイジズムは社会全体の生産性を低下させ、社会的な分断を引き起こします。これは、年齢に基づく偏見や差別が、人々の能力を十分に活用することを妨げるためです。

個人的な問題点

エイジズムは個々人の自尊心を傷つけ、健康状態を悪化させる可能性があります。具体的には、年齢に基づく差別や偏見が、人々の心理的、身体的健康に悪影響を及ぼすためです。

エイジズムの解決策

エイジズムの問題を解決するための具体的な手段やアプローチは多数存在します。

教育と啓発

エイジズムに対する理解を深めるための教育や啓発活動が重要です。これには、年齢に基づくステレオタイプや偏見についての教育、エイジズムの影響についての啓発などが含まれます。

法的な保護

年齢に基づく差別を禁止する法律や規制も、エイジズムの解決策の一部です。具体的には、職場での年齢差別を禁止する法律や、公共のサービス提供における年齢差別を禁止する規制などが含まれます。

社会的な取り組み

社会全体がエイジズムに対する取り組みを行うことも重要です。これには、年齢に基づく偏見を排除するための社会的な運動や、年齢差別を防止するための政策などが含まれます。

まとめ

エイジズムは、年齢を理由にした偏見や差別のことで、社会全体に深刻な影響を及ぼす問題です。それは職場での扱いから、社会サービスの提供、さらには言葉の使い方に至るまで、私たちの生活のあらゆる側面に影響を及ぼします。
エイジズムは、社会全体の生産性を低下させ、社会的な分断を引き起こすだけでなく、個々人の自尊心を傷つけ、健康状態を悪化させる可能性もあります。

エイジズムを克服するためには、教育や啓発活動、法的な保護、そして社会全体の取り組みが必要です。年齢に基づく偏見や差別を排除し、全ての年齢層が公平に扱われ、その能力を十分に発揮できる社会を目指すことが求められます。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
MIRASUS

MIRASUS編集部。地球と人に優しい未来をつくるサステナビリティな事例をご紹介。誰にでもわかりやすくSDGsに関する情報は発信していきます。

  1. 共に学び、共に行動する!上智大学の環境活動サークルGreen Sophia

  2. トータルリユースで持続可能な社会を!レクストホールディング株式会社をご紹介

  3. 多彩な取り組みでSDGsを身近に!「SDGs学生団体 綾いと」の挑戦とビジョン

寄付実施の報告

公式LINEアカウントでも絶賛配信中!

友だち追加




UZUZ



新卒就活 アスリートエージェント

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP