公式LINEアカウントでも絶賛配信中!

友だち追加
SOCIETY

ギグワークとは?発生した背景や課題とその対策について

現代の働き方は多種多様に広がっていますが、特に注目を集めているのが「ギグワーク」です。
しかし、一体ギグワークとは何なのでしょうか?その具体的な内容や特徴は?本記事では、ギグワークについて初心者でも理解できるように詳しく解説します。

ギグワークとは?

ギグワークとは?

ギグワークとは具体的に何を指すのか、その概念と起源、普及の背景について深堀りしていきましょう。

ギグワークの意味

ギグワークは、「ギグ(Gig)」と「ワーク(Work)」を組み合わせた言葉です。元々、”Gig”は音楽用語でライブハウスなどのセッションを指し、そのことから「一回きりの」という意味で使われるようになりました。

ギグワークとはつまり、雇用関係を結ばずに行われる単発や短時間の働き方を指す言葉となります。このような形式で働く人々を「ギグワーカー」と呼び、彼らが形成する経済圏全体を「ギグエコノミー」と呼んでいます。

ギグワークの理由・背景

ギグワークが注目されるようになった背景には、働き方の自由度を重視する現代人の価値観が大きく関与しています。伝統的な9時から5時までのフルタイム勤務ではなく、自身のライフスタイルに合わせて柔軟に働きたいというニーズが増えています。

ギグワークは、好きなタイミングで1〜3時間などの短い時間働くことができ、継続して同じ仕事をする必要がないため、人間関係のストレスも軽減され、多くの人々にとって自由度の高い働き方として認知されています。

ギグワークの種類

ギグワークの種類

「ギグワーク」は多岐にわたる業種や職種で活用されています。その自由度と柔軟性は、様々な労働環境や働き方を可能にしています。以下では、特に注目されているギグワークの種類を詳しく説明します。

クリエイティブなギグワーク

クリエイティブなギグワークは、デザイン、ライティング、音楽制作などのクリエイティブなスキルを活用した仕事を指します。クライアントはプロジェクトごとに特定のスキルを持ったフリーランサーを探すため、多様なギグワークが存在します。

たとえば、企業が新製品のパッケージデザインを求めてデザイナーを探したり、ブロガーが記事作成をライターに依頼したりします。クリエイティブなギグワークは、個々のスキルと創造性を活かして収入を得ることが可能で、その柔軟性から多くのクリエイティブプロフェッショナルに選ばれています。

フリーランスエンジニアのギグワーク

フリーランスエンジニアのギグワークは、技術的なスキルを活用した仕事です。特に、プログラミングやウェブ開発、アプリ開発などのITスキルを持つエンジニアは高い需要があります。企業は特定のプロジェクトやタスクに対して短期間でスキルのあるエンジニアを必要とするため、ギグワークとしてエンジニアを採用することが多いです。

フリーランスエンジニアとして働くことは、最新の技術スキルを磨き続ける機会を提供し、さまざまな業界やプロジェクトで経験を積むことができます。

フードデリバリーのギグワーク

フードデリバリーのギグワークは、食事を顧客の元へ配達する仕事です。近年のデリバリーサービスの急成長に伴い、この種のギグワークの需要は増加しています。通常、配達員は特定の時間帯に自身の自転車やバイク、車を使って配達します。

また、彼らは配達ごとに報酬を得ることが一般的です。フードデリバリーのギグワークは、自分のスケジュールに合わせて働くことができ、体力的にも健康的なギグワークとされています。

ギグワークの活用方法

現代の働き方の中で「ギグワーク」は個々の生活スタイルや収入目標に合わせて柔軟に働ける選択肢として増えつつあります。
ここでは、ギグワークの始め方と活用方法について、おすすめの手段や具体的な活用例を通して解説します。

ギグワークの副業としての活用

ギグワークは副業として非常に適しています。副業としてギグワークを行うことで、本業以外の時間を有効に活用し、追加の収入源を得ることができます。

例えば、平日の夜や週末にデザインやプログラミングの仕事をしたり、フードデリバリーサービスの配達員として働くことができます。
ただし、副業としてギグワークをする際には、本業の労働契約で副業が許可されていることを確認し、適切な時間管理をすることが重要です。

ギグワークの在宅ワークとしての活用

ギグワークは在宅での働き方にも適しています。自宅からでも仕事を探し、完結できるため、通勤時間が不要であり、自身のスケジュールに合わせて働くことができます。

例えば、フリーランスのライターやデザイナー、エンジニアなどは、自宅からクライアントとオンラインでコミュニケーションを取りながら仕事を進めることができます。在宅ワークはライフスタイルや個人のニーズに合わせて時間を柔軟に調整することが可能で、仕事とプライベートのバランスを保つのに役立ちます。

ギグワークの求人情報の探し方

ギグワークの求人情報は、多くの場合、専用のウェブサイトやアプリを通じて提供されます。各サイトやアプリは、クライアントとギグワーカーを結びつけるプラットフォームの役割を果たし、多種多様なギグワークのオポチュニティを提供します。

求人情報を探す際は、自分のスキルや関心、時間的な制約などに合わせて、適切なギグワークを選ぶことが重要です。また、評価やフィードバックシステムを活用して、信頼性のあるクライアントを探すことも推奨されます。

ギグワークのサイト・アプリの活用方法

ギグワークのサイトやアプリは、ギグワークを探し、応募し、管理するための重要なツールです。これらのプラットフォームは、ギグワークのマッチングを容易にし、契約や支払い、フィードバックのプロセスを簡素化します。

例えば、クリエイティブな仕事を探す場合は、BehanceやUpworkなどのサイトが有用であり、フードデリバリーのギグワークならUber EatsやDoorDashなどのアプリを活用できます。ギグワークのサイトやアプリを最大限に活用するためには、自分のプロフィールを適切に設定し、スキルや経験を明確に示すことが重要です。

ギグワークのメリットとデメリット

ギグワークは多くのメリットを提供しますが、同時にいくつかのデメリットも持っています。
その利点と欠点を理解することで、自分にとって最適な働き方を見つける助けとなるでしょう。

メリット

ギグワークの最大のメリットの一つは、その柔軟性です。ギグワークでは、自分のスキルを活用して、自分のペースで、自分の時間を使って働くことができます。

例えば、フリーランスのデザイナーやライターは、自分のスケジュールに合わせて仕事を選ぶことができ、エンジニアは短期間のプロジェクトに参加して特定の技術を磨くことができます。
また、ギグワークは場所に縛られることなく働けるため、リモートワークや旅行しながら働くなど、ライフスタイルに合わせた働き方も可能です。

デメリット

しかし、ギグワークにはいくつかのデメリットも存在します。
一つ目は、安定した収入が得られない可能性があることです。仕事はプロジェクトごとに変わり、仕事が見つからない期間や、仕事の量が減少する期間があるかもしれません。また、社会保険や退職金といった福利厚生が完全には提供されないことも多いです。

ギグワークにおける課題と対策

ギグワークは労働者にとって新たな働き方の選択肢を提供していますが、それに伴い新たな課題も生じています。
それぞれの課題とその対策について探ってみましょう。

ギグワークの社会保障問題

ギグワーカーは従来の正社員と異なり、企業からの社会保険や退職金などの福利厚生が限定的である、あるいは全く提供されないことが一般的です。これは、ギグワーカーの安定した生活や将来設計を難しくする大きな課題となっています。

対策としては、ギグワーカー自身が自己責任で社会保険や年金などに加入することや、政策レベルでのギグワーカーの保護策の検討が求められています。
また、一部のギグワークプラットフォームでは、ギグワーカー向けの保険サービスを提供しているところもあります。

ギグワークの収入の不安定性

ギグワークのもう一つの課題は、収入の不安定性です。ギグワークは仕事の量や内容が安定していないため、収入が不確定であり、収入が無い期間が生じる可能性もあります。

この課題に対する対策としては、複数のギグワークを同時に扱うことでリスクを分散させたり、財務管理のスキルを磨くことが重要です。
また、一部のギグワークプラットフォームでは、ギグワーカーが仕事を継続的に取得できるような支援を提供しているところもあります。

まとめ

ギグワークは新しい働き方として広く受け入れられつつあります。
それは個々のスキルや時間を活用し、自分のペースで仕事を選ぶことを可能にする一方で、不確定な収入や福利厚生の不足という課題も抱えています。

クリエイティブな業務、エンジニアリング、フードデリバリーなど多岐に渡る分野でギグワークが存在し、特定のサイトやアプリを通じて仕事を見つけることが可能です。

しかし、ギグワークを最大限に活用するためには、自身の能力や資源を理解し、労働市場の動向を把握し、それらに適応する能力が求められます。また、ギグワークの社会保障問題や収入の不安定性といった課題に対処するためには、個々のギグワーカーだけでなく、社会全体での議論と対策が必要です。

ギグワークは様々な可能性と課題を含む新たな働き方であり、その発展とともに働き方の選択肢はさらに広がるでしょう。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
MIRASUS

MIRASUS編集部。地球と人に優しい未来をつくるサステナビリティな事例をご紹介。誰にでもわかりやすくSDGsに関する情報は発信していきます。

  1. トータルリユースで持続可能な社会を!レクストホールディング株式会社をご紹介

  2. 多彩な取り組みでSDGsを身近に!「SDGs学生団体 綾いと」の挑戦とビジョン

  3. 寝具のリサイクル率はたったの2%、寝具廃棄の現状とその打開策とは?

寄付実施の報告

公式LINEアカウントでも絶賛配信中!

友だち追加




UZUZ



新卒就活 アスリートエージェント

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP