公式LINEアカウントでも絶賛配信中!

友だち追加
ジェンダー平等を実現しよう

パンセクシャルとは?定義やバイセクシャルとの違いを解説

LGBTQという概念が浸透し始め、性の多様性に注目が集まっています。
パンセクシャルもそのひとつで、どの性別にも分類されず、分け隔てなく恋をするセクシャリティです。
今回は、パンセクシャルに焦点を当てて、定義を解説するとともに、類似するセクシャリティとの違いにも触れていきます。

パンセクシャルとは?

パンセクシャルとは?

パンセクシャルとは、日本語では「全性愛」、英語圏では「ジェンダー・ブラインド」ともいわれます。
パンセクシャルの「パン」は古代ギリシャ語で「すべての・あらゆる」という意味があり、性別や性のあり方に関係なく人を好きになるセクシャリティです。
パンセクシャルの恋愛においては、「人として」好きかどうかが基準となります。

参照元:一般社団法人日本ノハム協会|SDGs用語集

バイセセクシャルとの違い

パンセクシャルに似た概念として「バイセクシャル」があります。

バイセクシャルは、男性・女性どちらも恋愛対象になるセクシャリティです。「バイ」は、ラテン語で「2」を表しており、日本語では「両性愛」といわれます。

パンセクシャルでは、好きになる対象として性別やセクシャリティが関わりません。一方、バイセクシャルは、恋愛対象の条件として性別が関係します。

ポリセクシャルとの違い

ポリセクシャルも、パンセクシャルに似ている概念です。
ポリセクシャルは、日本語で「複数性愛」といわれ、さまざまなセクシャリティが恋愛対象になる特徴があります。

逆に捉えれば、恋愛対象にならないセクシャリティもあるため、性別やセクシャリティが関係しないパンセクシャルとは一致しません。

パンロマンティックとの違い

パンセクシャルは、セクシャリティに関係なく人を愛し、性的感情も伴います。
一方、セクシャリティに関係なく恋愛感情を持つけれど、性的感情を伴わないケースを、「パンロマンティック」と表すのが一般的です。

SOGIについて

SOGIについて

パンセクシャルを知る上で押さえておきたいのが「SOGI」という概念です。
SOGIとは、性的指向を表す「Sexual Orientation」と性自認を表す「Gender Identity」の頭文字をとった言葉です。

LGBTQは、セクシャルマイノリティの総称ですが、SOGIは、すべての人を対象としています。
自分がどんな性に該当するのか、どんなセクシャリティの人を好きになるのかは、マイノリティに限らずすべての人に関わることです。

SOGIでは、こうした性的指向と性自認を定義するために使われます。
しかし、パンセクシャルは、相手の性やジェンダーを理由に人を好きになるわけではないため、SOGIを認識しません。
すべての人を「人間」として認識しているのが大きな特徴です。

セクシャルマイノリティに関する動き

セクシャルマイノリティに関する動き

近年、パンセクシャルを含む、セクシャルマイノリティや性の多様性は、少しずつ社会に浸透しつつあります。
世界で行われているセクシャルマイノリティに関する動きについて見ていきましょう。

プライド・パレード

パンセクシャルのようにLGBTQに該当する人や、彼らをサポートする人たちによって行われるイベントのひとつが「プライド・パレード」です。

セクシャルマイノリティや性の多様性に関する概念を讃えることを目的とし、世界各国で開催されています。
「レインボーパレード」ともいわれ、虹色がテーマカラーになっており、ハッピーな感情をベースにしたイベントです。

参照元:東京レインボープライド2022

LGBTQアライ

自身はセクシャルマイノリティではないけれど、パンセクシャルをはじめとするセクシャルマイノリティのサポートをする人をLGBTQアライといいます。

LGBTQアライを形容する言葉として、「LGBTQフレンドリー」がありますが、これは個人だけに当てはまる言葉ではありません。LGBTQフレンドリーな企業も増えており、パンセクシャルなどのセクシャルマイノリティが安心して働ける環境を提供しています。

LGBTQアスリート

2021年夏に東京で開催されたオリンピックでは、史上最多の180名を超えるLGBTQアスリートが参加しました。
さらに、開会式の旗手には6名のLGBTQアスリートが参加しています。
前回のオリンピックと比較しても2倍近くの人数になっており、世界的に性の多様性を受け入れる環境が整いつつあることがわかるでしょう。

参照元:【東京オリンピックとLGBTQ】トランスジェンダー選手過去最多 制度と理解は深まったのか?Vol.31

ハンガリーにおける反LGBT法案

LGBTQや性の多様性が少しずつ受け入れられるようになる一方で、保守的な考え方が残るエリアも少なくありません。
例えば、2021年には、ハンガリーで「反LGBT法案」が可決されました。

この法案では、18歳未満の児童に対して、学校教育の中で同性愛や性転換などを取り上げることを制限するほか、メディアに対する規制がかけられています。

ハンガリー政府は、あくまでも小児愛から児童を守るためと主張していますが、世界中からマイノリティの差別だと批判の声が上がっています。

まとめ

まとめ

今回は、性別やセクシャリティに関係なく、性愛感情を抱く「パンセクシャル」について解説しました。
パンセクシャルを含む性の多様性は、グラデーションと表現されることもあり、簡単に「男性」「女性」と二分できるものではありません。
人それぞれにセクシャリティがあり、それらを尊重していくことは、誰もが暮らしやすい社会を作る上で重要なポイントです。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
MIRASUS

MIRASUS編集部。地球と人に優しい未来をつくるサステナビリティな事例をご紹介。誰にでもわかりやすくSDGsに関する情報は発信していきます。

  1. 共に学び、共に行動する!上智大学の環境活動サークルGreen Sophia

  2. トータルリユースで持続可能な社会を!レクストホールディング株式会社をご紹介

  3. 多彩な取り組みでSDGsを身近に!「SDGs学生団体 綾いと」の挑戦とビジョン

寄付実施の報告

公式LINEアカウントでも絶賛配信中!

友だち追加




UZUZ



新卒就活 アスリートエージェント

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP