公式LINEアカウントでも絶賛配信中!

友だち追加
SOCIETY

買い物弱者とは?日本の買い物弱者問題の対策と解決策について

近年、我々の生活に密接に関連する問題として「買い物弱者」という言葉が注目されています。

しかし、「買い物弱者」の具体的な定義や現状、その生じる原因、引き起こす問題、そしてそれらに対する解決策や対策について詳しく知っている人はまだ少ないかもしれません。

本記事では、これらのテーマを初心者でも理解できるように、具体的にわかりやすく解説していきます。

買い物弱者とは?

買い物弱者とは?

「買い物弱者」とは、住んでる地域の過疎化が進み、近くの商店が廃業したり撤退したほか、足腰が弱くなって買い物をしたり生活に必要なサービスを受けるのに困難を感じる人たちのことをいいます。
具体的には、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどが近くになく、自分の力だけで買い物をすることが難しい状況にある人々のことを指すのが一般的です。

買い物弱者の原因

買い物弱者の背後には、多くの要素が複雑に絡み合っています。
特に大きな影響を及ぼしているのは社会的な背景と、個々の状況の2つの面から考えられます。

社会的背景

買い物弱者が生まれる背景には、地方都市の過疎化や人口減少、商店街の衰退など、社会全体の変化が影響しています。
これらの現象は、地域の商業施設が減少し、住民が買い物に行きづらい状況を生んでいます。

地方都市の過疎化と人口減少

地方都市の過疎化と人口減少は、商店やスーパーマーケットの利用者が減少し、経営が成り立たなくなる結果を招いています。
これにより、住民は自宅から遠い場所まで出向かなければならなくなるなど、買い物に対するアクセスが悪化しています。

商店街の衰退

大手チェーン店や通販の台頭により、地元の商店街が衰退する傾向にあります。
このことから特に高齢者など足の不自由な人々が、生活必需品を手に入れるのが難しくなっています。

個々の状況

個々の状況としては、年齢や健康状態が影響しています。

高齢化社会の進行

日本は急速に高齢化が進行しています。
これに伴い、体力の衰えや運転の困難さから買い物に行くこと自体が困難になり、買い物弱者となる高齢者が増加しています。

健康状態の影響

体調や健康状態の悪化も、買い物弱者になる一因です。
特に慢性疾患を持つ人々や、体の不自由な人々は、日常の買い物も一苦労となります。

買い物弱者の現状

日本国内における買い物弱者の現状は、地域や住環境により異なる特徴を持っています。
地方都市や過疎地域だけでなく、都市部でも問題は深刻化しています。

地方都市や過疎地域の状況

地方都市や過疎地域では、商店やスーパーマーケットの数が減少し、距離が遠くなることにより、買い物が困難になっています。
特に高齢者や移動手段の限られた人々は深刻な影響を受けています。

都市部の状況

一方、都市部ではマンションの高層化や一人暮らしの増加により、買い物に困難を感じる人々が増えています。
特に高層マンションではエレベーターの故障などが原因で、買い物に出られないことがあります。

また、一人暮らしの場合は、病気や怪我などで一時的に外出が困難になると、生活必需品の調達が難しくなる可能性があります。

買い物弱者の対策と解決策

買い物弱者の対策と解決策

買い物弱者の問題を解決するためには、社会全体の協力が必要です。具体的な対策は政策的なものから個人レベルのものまで幅広く、その中には新たな技術の活用も含まれます。

政策的対策

政府や地方自治体は、商業施設の維持や新たな開設、移動販売の支援など、様々な対策を進めています。
また、交通の便の向上やコミュニティバスの導入などにより、高齢者などの移動手段を確保する取り組みも行われています。

商業施設の維持や新たな開設

地方自治体は、過疎化が進む地域において、商業施設の維持や新たな開業に努めています。これにより、住民が身近な場所で買い物ができる環境を作り出すことが目指されています。

交通の便の向上とコミュニティバスの導入

交通の便を向上させ、高齢者や身体に障害を持つ人々でも買い物に行きやすい状況を作ることも重要です。
特にコミュニティバスの導入は、公共交通機関が不足している地域で有効な手段となっています。

個人レベルの対策

個人レベルでは、近隣住民や地域のボランティア団体が高齢者の買い物支援を行うこともあります。
また、オンラインショッピングやデリバリーサービスの利用も、買い物弱者の問題を軽減する手段となり得ます。

近隣住民や地域のボランティアによる支援

地域のコミュニティが結束して、高齢者や身体に障害を持つ人々の買い物を支援することがあります。これには、ボランティアによる買い物同行や、商品の宅配サービスなどがあります。

オンラインショッピングやデリバリーサービスの利用

インターネットを活用すれば、家から出ることなく買い物が可能です。インターネットに接続できる環境があれば、オンラインショッピングを利用することができます。
また、食料品や生活必需品のデリバリーサービスも増えており、これらを利用すれば買い物に行く時間や手間を減らすことが可能です。

まとめ

本記事では、「買い物弱者」という問題について詳しく解説しました。
「買い物弱者」は、特に地域の過疎化や高齢化、健康状態の悪化により、買い物が困難な状況にある人々のことを指します。

この問題は、特に地方都市や過疎地域で深刻化していますが、都市部でもマンションの高層化や一人暮らしの増加などにより、買い物弱者が増えています。
買い物弱者が増える原因は、地域全体の過疎化や人口減少、商店街の衰退など、社会全体の変化が大きく影響しています。また、個々の人々の高齢化や健康状態の悪化も影響を及ぼしています。
買い物弱者が増えると、健康や生活の質が低下し、孤立感が増すといった問題が生じます。これは、個々の生活だけでなく、社会全体にも大きな影響を及ぼします。

この問題を解決するための対策としては、政府や地方自治体による商業施設の維持や新たな開設、交通の便の向上、コミュニティバスの導入などがあります。
また、個人レベルでは、近隣住民や地域のボランティア団体による高齢者の買い物支援、オンラインショッピングやデリバリーサービスの利用なども有効です。

「買い物弱者」その解決には社会全体の取り組みが必要です。個々の生活を支え、地域社会の健全な発展のためにも、引き続き解決策の模索と取り組みが必要と言えるでしょう。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
MIRASUS

MIRASUS編集部。地球と人に優しい未来をつくるサステナビリティな事例をご紹介。誰にでもわかりやすくSDGsに関する情報は発信していきます。

  1. トータルリユースで持続可能な社会を!レクストホールディング株式会社をご紹介

  2. 多彩な取り組みでSDGsを身近に!「SDGs学生団体 綾いと」の挑戦とビジョン

  3. 寝具のリサイクル率はたったの2%、寝具廃棄の現状とその打開策とは?

寄付実施の報告

公式LINEアカウントでも絶賛配信中!

友だち追加




UZUZ



新卒就活 アスリートエージェント

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP