エネルギーをみんなに そしてクリーンに

脱炭素社会に向けて行われている企業の取り組みをご紹介!

エネルギーを確保することは、各国や各企業にとって成長し反映するための重要な要素の1つです。

今回は脱炭素社会の実現に向けて企業がどのような取り組みを実施しているか、および今後どのような取り組みができるかという観点で考えていきましょう。

総合化学メーカーであるBASFの事例や、世界で影響力のある企業が “事業で使用する電力の再生可能エネルギー100%化” にコミットする協働イニシアティブである “RE100” をもとに考察します。

脱炭素社会とは

脱炭素社会とは

2020年10月、菅首相は所信表明演説で、脱炭素社会の実現を目指すことを宣言しました。脱炭素社会とは、地球温暖化の原因となる、二酸化やメタンなどの温室効果ガスの実質的な排出量ゼロを実現する社会と定義できます。

温室効果ガスの排出量を抑制し排出された二酸化炭素を回収することで、温室効果ガスの排出量を全体としてゼロにするものです。

この、地球温暖化の原因となる二酸化炭素の排出を抑制するという概念は、「カーボンニュートラル」とも呼ばれています。このような流れの中で製造業だけでなく多くの事業形態において、これまでの化石燃料を主とした体制からの早期の転換を求められているのです。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://mirasus.jp/sdgs/clean-energy/2006]

脱炭素社会に向けた企業の取り組み

脱炭素社会に向けた企業の取り組み

ここからは脱炭素社会に向けた企業の取り組みを2つ紹介します。1つは総合化学メーカーであるBASFの取り組み。もう1つは各企業の取り組みの土台となる、国際的な枠組みであるRE100に関してです。

総合化学メーカー:BASFの取り組み

ドイツに本社を構える総合化学メーカーのBASFは、低排出ガス生産プロセスを確立させると2019年に発表しました。

科学燃料を徐々にクリーンエネルギー源に置き換えていくことで、最終的には生産プロセスから科学燃料を廃止する方針を打ち出しました。

目標達成のためには新しい技術が必要となるので、イノベーションが創出されることが期待されており、現在意欲的な研究開発プログラムが取り組まれています。

2021年3月27日付の日本経済新聞の記事(独BASF、50年に脱炭素 30年までに5000億円投資)によると、BASFは2050年までに二酸化炭素(CO2)の排出を実質的にゼロにすると発表しました。

天然ガスなどの化石燃料を再生可能エネルギー由来の電気に切り替えるなどして、まずCO2排出を30年までに18年比で25%減ずることを目標値として掲げています。

参照元:独BASF、50年に脱炭素 30年までに5000億円投資|日本経済新聞

RE100【使用電力の再生可能エネルギー100%化にコミットする協働イニシアティブ】

RE100は、世界で影響力のある企業が自らの事業の使用電力を100%再生可能エネルギーで賄うことを目指す国際的なイニシアティブ(活動)です。世界や日本の多くの企業が参加しています。

リコーが日本企業としてはじめてRE100への参加を表明したのが、2017年4月のこと。2021年7月5日現在のRE100へ参加している日本企業の数は56社にもなり、国別で日本は米国に次ぐ世界2位の社数を誇ります。

最新のRE100への参加企業に関しては ”RE100 Members” を確認下さい。

活動の規模ですが、情報技術から自動車製造までフォーチュン・グローバル500 企業を含む多様な分野から企業が参加し、その売上合計は4兆5000億米ドルを超えています。

企業が結集することで、政策立案者および投資家に対してエネルギー移行を加速させるためのシグナルを送ることも意図しているのです。

日本では2017 年4月より日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)が地域パートナーとして、日本企業の参加を支援しておりますし、環境省は、2018年6月にRE100に公的機関としては世界で初めてアンバサダーとして参画し、RE100の取組の普及のほか、自らの官舎や施設での再エネ電気導入に向けた率先的な取組やその輪を広げていくこととしています。

参照元:環境省RE100の取組|環境省

まとめ

まとめ

本記事では、地球温暖化の原因となる温室効果ガスの実質的な排出量ゼロを実現することを目標とした脱炭素社会に関して、化石燃料の有限性や代替エネルギーも絡めて紹介いたしました。

また、総合化学メーカー:BASFの脱炭素社会に向けた取り組みや、各企業の取り組みの国際的な枠組みであるRE100に関しても紹介いたしました。

脱炭素社会に向けて、化石燃料の消費が大きい各企業の取り組みは重要ですが、皆さん一人ひとりの脱炭素社会を目指すという意識や行動も、地球を守り未来へと繋げるために大切になってきます。

各個人が脱炭素社会に向けて推奨される考え方や日々の活動は下記2つの記事に詳細を記載しておりますので、ぜひご参考にしていただければと存じます。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://mirasus.jp/sdgs/clean-energy/978]

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://mirasus.jp/sdgs/clean-energy/899]

100%再生可能なエネルギーを供給する電気会社に切り替える、ハイブリッドカーや電気自動車に乗る、エアコンの温度を調節する、交通公共機関を利用する、ゴミを減らし、リサイクルを心がけるなど、できることから始めてみてはいかがでしょうか?

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

RELATED

PAGE TOP