公式LINEアカウントでも絶賛配信中!

友だち追加
NEWS

日本初のゼロエネルギーホテル「ITOMACHI HOTEL 0(ゼロ)」2023年5月27日(土)オープン。建築設計は隈研吾氏。

株式会社GOODTIME
ここでしか得られない「愛媛のたのしみ」を0から体験。

グローバルでの半導体関連機器製造を中心に、近年は再生エネルギーや地方創生・まちづくり事業も展開する株式会社アドバンテック(本社:愛媛県西条市、代表取締役:山名正英・首藤信生)と、「SORANO HOTEL」「白井屋ホテル」「GOOD NATURE HOTEL KYOTO」など国内外で話題のホテルを多数手掛けてきた株式会社GOODTIME(本社:東京都渋谷区、代表取締役:明山淳也)は、日本初のゼロエネルギーホテル「ITOMACHI HOTEL 0(ゼロ)」を隈研吾氏の建築設計により、愛媛県西条市に2023年5月27日(土)開業しました。
https://itomachihotel-0.com/

日本初ゼロエネルギーホテルが加速させる脱炭素社会への取組
建物用途別のエネルギー消費量においてホテルは飲食店に次いで床面積あたりの電力使用量が多く、これを実質ゼロにすることは脱炭素社会を加速させる大きな可能性を秘めています。ITOMACHI HOTEL 0(ゼロ)は、ホテル運営において、実質的に電力エネルギーを消費しない「ゼロエネルギーホテル」です。日本のホテルで初めて(※1)環境省が定める「ZEB」の認証(※2)を取得し、自然環境に負荷をかけることなく、たのしみを創り出す、これからの時代の持続可能な観光及び宿泊体験を多くの人に届けていきます。
ITOMACHI HOTEL 0(ゼロ)に訪れた方はゼロエネルギーの仕組みが一目で理解できるインフォグラフィックスやエネルギー循環を学べる体験ツアーなどを通じて、知的好奇心を刺激しながら、日々の暮らしを支えるエネルギーへの新たな気づきを得ることができます。企業や自治体様からの視察も随時承っておりますので、ご希望の方は以下のメールアドレスよりお気軽にお問い合わせください。
info@itomachihotel-0.com
※1 一般社団法人「住宅性能評価・表示協会」の公式データベース( https://bels.hyoukakyoukai.or.jp/cases/list )および一般社団法人「環境共創イニシアチブ」の公式データベース( https://sii.or.jp/zeb/leading_owner/search/example )を元にした当社調べ。2023年5月調べ。
※2 ZEBとは ( https://www.env.go.jp/earth/zeb/about/index.html )

▼ゼロエネルギーの仕組みが一目で理解できるインフォグラフィックス(イメージ)

客室——西条の自然のめぐりを感じ、くつろぎのひとときを
ITOMACHI HOTEL 0(ゼロ)では日々当たり前のように使用するエネルギーと向き合うきっかけを提供しながら、滞在を通して、ここにしかない「愛媛のたのしみ」を感じられる仕掛けをご用意しています。
館内のインテリアとランドスケープデザインはDugout Architectsが手がけ、愛媛県西条市でみられる自噴井「うちぬき」や、約2億年前に海底に堆積した岩が日本列島のできる地殻変動の際に隆起し地表に現れた「伊予青石」の美しい色合いをモチーフにデザインしました。
客室は趣の異なる2つのタイプをご用意しています。伊予青石本来の色味を基調に、ビジネスからご家族・グループでのご旅行まで多様なニーズに合わせた「いとまち」での滞在を気軽にたのしめるHOTELタイプ。旅館を現代的に解釈した上質なプライベート空間で温泉と共に贅沢ないとまち滞在を大切な方と楽しめる全室露天風呂付きのVILLAタイプ。
また、森林から供給される木質由来の再生可能な非可食バイオマスを使用したTarkett社の再生塩ビシートやジーンズの端切れを活用したSTELAPOP社の天板、再生ガラスを活用したベンチなど、館内の様々な場所に素材の循環を感じる工夫を施しました。
※ 各客室の宿泊価格は公式Webサイトの「RESERVATION」より該当の日付をご確認ください。

食——管理栄養士監修による、愛媛の豊かさを五感で楽しみ健康につながる体験を
ITOMACHI HOTEL 0(ゼロ)内にあるRECEPTION CAFEでは、地元愛媛の産地から仕入れた旬の野菜や果物をたっぷり使った食事をデリカテッセンスタイルでご提供します。さらに管理栄養士監修の元、全粒粉・はだか麦・玄米など、栄養価が高く食物繊維豊富な食材をふんだんに活用し、厚生労働省が定める日本人の栄養摂取基準から、健康を促進する抗酸化作用等のある栄養素が+10%、カロリーは-10%になるよう基準を設けています。
監修に、MAISON CINQUANTECINQなど代々木上原を中心に数々の人気レストランを手掛けるシェルシュ代表兼エグゼクティブシェフの丸山智博氏を起用し、好きなものを選んで食べても健康につながる食体験を訪れた方にお届けします。
※ デリカテッセンスタイルはモーニングとランチタイムのみとなります。カフェとバータイムはバイオーダー制になります。
※ 開業後しばらく、ランチ営業は限定30食とさせていただきます。また、カフェ営業時のスイーツにも数に限りがございます。

アメニティ——自然や地域のめぐりを意識したこだわりの品々
日本初のゼロエネルギーホテルとして、自然のめぐりや地域の循環のなかで生まれる、愛媛、そして西条ならではのアメニティをご用意しました。
(一例)

  • 国の伝統工芸品に指定される砥部焼の窯元「遠藤窯」によるホテルオリジナル湯呑・急須(一部客室のみ設置)
  • 愛媛県松山市で豆からこだわった一杯を提供する「ICOI COFFEE」によるオリジナルドリップパック
  • 愛媛県で90年以上も愛される西条発の銘菓「たぬきまんじゅう」(HOTELタイプのみ)
  • 西条産のお米を使った懐かしくも新しい美味しさのある「ひなのやのポン菓子」(VILLAタイプのみ)
  • 根も、葉も、茎も。植物まるごとの生命力を活かしたオーガニックコスメブランド「NEMOHAMO」のバスアメニティ
  • GOTS認証を取得した糸を今治の工場で丹念に織り、西条のうちぬき水を使って洗い上げる「Nokton」(VILLAタイプのみ設置)
  • 愛媛有数のお茶どころ新宮町にて、古くから栽培・製造・販売を一貫して行ってきた新宮茶のパイオニア「脇製茶」の緑茶
  • いとまち散策をより楽しくするホテルオリジナルのエコバッグとタンブラー

館内演出——クリエイターと共に愛媛や西条の魅力を再発見
ITOMACHI HOTEL 0(ゼロ)では、愛媛にゆかりのあるクリエイターはもちろんのこと、国内外で活躍する様々なクリエイターと一緒に、愛媛や西条の魅力を再発見する体験をつくりあげます。

(一例)

  • 愛媛在住の和紙デザイナー佐藤友佳理がクリエイターをつとめる「りくう」による和紙アート
  • 西条の豊かな水の音をサンプリングした自動音楽構築システム「AISO」による館内音楽
  • 松山にある書店『本の轍』によるこだわりのブックセレクト
  • RECEPTION CAFE内のアートウォール。初回は愛媛県西条市にある出張写真館『山山写真館』によるホテルが開業するまでを追った写真展を開催します

「ITOMACHI HOTEL 0(ゼロ)」をともに創るオープニングスタッフを継続募集中
開業後も継続してオープニングスタッフの募集を実施しております。運営しながら日々改善を繰り返すことで「ITOMACHI HOTEL 0(ゼロ)」らしいサービススタイルをご一緒に創り上げていきたいと考えています。
いとまちの賑わい創出を通じた地域活性、新しいホテルサービスの立ち上げに興味のある方からのご応募を心よりお待ちしています。
▼ご希望の方は下記サイトより要項を確認の上、ご応募ください。
https://itomachihotel-0.com/recruit/

メディアの方向けのツアー及び試泊を実施致します。
メディアの方向けのツアー及び試泊会の実施を開催します。取材期間は6月8日(木)・9日(金)・10日(土)・15日(木)・16日(金)・17日(土)を予定しております。ご興味をお持ちのメディアの方は、本リリース下部に記載の「本件に関する報道関連のお問い合わせ先」よりご連絡ください。
※8日と15日はお昼12時から、10日と17日はお昼12時までとなります。

【施設概要】
施設名称 :ITOMACHI HOTEL 0 (いとまちホテルゼロ)
所在地 :〒793-0027 愛媛県⻄条市朔日市250−7
建物規模:地上2階(南棟)/地上1階(北棟/東棟) 延床面積:2,999㎡(907坪)
付帯施設:レセプションカフェ/キッチン付きコワーキングスペース /多目的スタジオ/ランドリー
客室数:57室(南棟50室/北棟7室)  カフェ席数:35席
事業主:株式会社アドバンテック
設計: 隈研吾建築都市設計事務所
企画&運営:株式会社GOODTIME
インテリア&ランドスケープデザイン:Dugout Architects
照明デザイン:spangle
開業:2023年5月27日

<株式会社アドバンテックについて>
「世界をつくる、企業へ」を掲げ、確かな技術力を誇る半導体製造関連事業を中心に、国内外でグローバルに事業を展開するモノづくり企業です。近年は再生可能エネルギー技術を駆使したサステナブル事業、まちづくり事業にも注力し、企業活動を通じたより良い明日の創出に挑戦し続けています。

<株式会社GOODTIMEについて>
「ともに創る、いきつづける価値。」をビジョンに、まちづくりに携わるベンチャー企業です。代表実績としては「GREEN SPRINGS」「THE CAMPUS」「白井屋ホテル」「GOOD NATURE STAITON」等、コンセプトメイクからはじまる事業企画、プロジェクトディレクション、マネジメントを行い、特徴ある施設づくりに携わっております。

Instagramアカウントにて最新情報は発信しています

<本件に関する報道関係のお問い合わせ先>
株式会社GOODTIME 担当:山口 info@itomachihotel-0.com

リリース元:https://itomachihotel-0.com/post-395/

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
MIRASUS

MIRASUS編集部。地球と人に優しい未来をつくるサステナビリティな事例をご紹介。誰にでもわかりやすくSDGsに関する情報は発信していきます。

  1. トータルリユースで持続可能な社会を!レクストホールディング株式会社をご紹介

  2. 多彩な取り組みでSDGsを身近に!「SDGs学生団体 綾いと」の挑戦とビジョン

  3. 寝具のリサイクル率はたったの2%、寝具廃棄の現状とその打開策とは?

寄付実施の報告

公式LINEアカウントでも絶賛配信中!

友だち追加




UZUZ



新卒就活 アスリートエージェント

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP