エネルギーをみんなに そしてクリーンに

再生可能エネルギーのメリットとは?SDGs目標から考えるエネルギー問題

近年メディアなどで「再生可能エネルギー」という言葉を耳にする機会も増え、聞きなじみのある言葉になってきたという方も多いかもしれません。

本記事ではそんな再生可能エネルギーについて詳しく解説していきます。
SDGsで掲げられる目標と関連させながら、なぜ再生可能エネルギーが注目されているのか、またそのメリットについて紐解いていきます。

なんとなく環境に優しいエネルギーというイメージを持っていた方も、すでに関心がある方も再生可能エネルギーについての理解を深めていきましょう。

再生可能エネルギーって何?

再生可能エネルギーって何?
再生可能エネルギーとは、石油や石炭などの限りある資源ではなく、太陽や風などの自然界に存在する資源を利用して生み出すエネルギーのことを言います。

具体的には、太陽光、風力、地熱、水力、バイオマスなどがあげられます。

これらはエネルギーを生産するときに二酸化炭素(CO2)などの温室効果ガスを排出しないので、クリーンなエネルギーであるといわれています。

なぜ再生可能エネルギーが必要なのか?

再生可能エネルギーって何?
再生可能エネルギーが注目されている背景には、世界の電力事情とSDGsが掲げる目標があります。

SDGsでは世界で取り組むべき17の目標を掲げていますが、その一つにエネルギーに関する目標があります。

それが目標7の「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」です。この目標では、2030年までに「安くて信頼できるエネルギーサービスの普遍的アクセスを確保すること」、「世界での再生可能エネルギーの割合を大幅に拡大させること」を目標としています。

世界には、電力を利用できない人が途上国をはじめとして約8億人いると言われています。また現状では、世界のエネルギー最終消費に再生可能エネルギーが占める割合は17%であり、世界中の実に30億人がクリーンなエネルギーを使用できずにいます。

良質でクリーンなエネルギーを全世界の人が安定して供給できるようにするために、再生可能エネルギーが必要とされているのです。

参照元:持続可能な開発目標(SDGs)報告2020|国際連合広報センターHP

再生可能エネルギーのメリットは?

再生可能エネルギーのメリットは?
ここで再生可能エネルギーのメリットについてさらに詳しく見ていきます。

メリット1:エネルギー資源が枯渇しない

再生可能エネルギーの一つ目のメリットは枯渇しない無限のエネルギーであるということです。

現在世界中では、化石燃料を燃やしてエネルギーを生み出す火力発電が大半を占めています。ここで使用される石油や石炭などの資源は「枯渇性資源」と呼ばれ、量に限りがあります。

このまま使い続ければ石油は約50年、石炭は約132年で枯渇してしまうと予測されており、そう遠くない未来になくなってしまう資源です。

それに比べて再生可能エネルギーは、太陽や風、水などの自然から得られるエネルギーを使用するため、量に限りがなく、持続的に使用することが可能なのです。

参照元:世界のエネルギー資源確認埋蔵量|エネ百科HP

メリット2:地球温暖化の進行を防ぐ

再生可能エネルギーは二酸化炭素を排出しないので地球温暖化を防ぐことができるというメリットがあります。

地球温暖化の主な原因は、温室効果ガスの増加によるものです。温室効果ガスの中でも約76%を占めるのが二酸化炭素(CO2)です。エネルギーを生み出すために化石燃料を大量に燃やし、排出されるCO2が地球温暖化を急速に進行させています。

深刻化すれば、生態系や海洋資源への影響や、自然災害の増加など、私たちの生活にも影響を及ぼしかねません。こうした事態を防ぐため、2050年までには世界のCO2排出量をほぼゼロにするという目標が掲げられおり、クリーンである再生可能エネルギーの活用が急がれています。

参照元:温暖化とは?地球温暖化の原因と予測|全国地球温暖化防止達道推進センターHP

メリット3:災害時の非常用として使える

災害時に使用できるということもメリットの一つです。再生可能エネルギーでは、発電所が機能しなくなったときに、非常用の電力を供給することが可能になります。

特に日本は災害の多い国であり、消費エネルギーの大半を火力発電でまかなっていることから、大災害が起きると、電気やガス、水道などのライフラインが停止してしまうことがあります。また東日本大地震発生後に、原子力発電所が機能停止になったことも記憶に新しい方も多いかもしれません。

再生可能エネルギーの供給の安定性が確保され、今後普及が進めば、災害時にライフラインの断続が長引いた時にも、人々は電力を使用することができるのです。

メリット4:エネルギー自給率があがる

再生可能エネルギーは自然の力を利用して電力を生み出します。そのため石油などの化石燃料が産出できないエネルギー自給率の低い国でも、自国で資源を確保できるという側面を持っています。

エネルギー資源の多くを海外からの輸入に頼っている自給率の低い国にとって、国際情勢の影響等により資源の供給が困難になった場合、十分なエネルギーを確保することができません。

再生可能エネルギーの使用を拡大することは、国民が安心してエネルギーを消費できる環境を整えることにつながります。

再生可能エネルギーのデメリットや今後の課題

再生可能エネルギーのデメリットや今後の課題
メリットが多い反面、デメリットや課題も少なくありません。

一つに、自然の環境によってどうしても供給量が安定しにくいという点です。
例えば太陽光発電や水力発電などは、日照時間や降水量などによって影響を受けやすくなります。

二つ目に、設置費用などのコストがかかるという点です。
太陽光発電などは企業や一般家庭でも導入する人が増えていますが、こうした設置代やメンテナンス費は高額になります。

今後のさらなる普及にはコスト面や供給量の安定性などの課題解決が、必要になってくるでしょう。

日本の再生可能エネルギーの現状と今後の普及について

日本の再生可能エネルギーの現状と今後の普及について
2018年時点の日本では、エネルギー消費の85.5%を石油や石炭などの化石燃料に依存しています。再生可能エネルギーの使用は11.7%に過ぎず、普及が進んでいるとは言えない状況です。

またエネルギーの自給率はわずか11.8%と低い水準となっています(2018年現在)。

ですが、日本の日照時間の長さや、山や川など自然豊かな地形は、再生可能エネルギーの利用に適しているといわれているため、今後のさらなる導入が期待されています。近年では企業や自治体など積極的に取り組んでいる例もみられます。

参照元:2020-日本が抱えているエネルギー問題(前編)|経済産業省資源エネルギー庁HP

私たちができること

私たちができること
私たちはこれから、既存のエネルギーから再生可能エネルギーを主とした使用に移行していかなければなりません。では私たち一人一人には何ができるでしょうか。

世界のエネルギー事情について理解を深める

冒頭でも解説したように、世界の貧しい国々では十分に電力を利用できない人が多くいます。そんな中、先進国である日本では、過剰なエネルギーの使用ばかりではなく、地球環境に悪影響を及ぼすエネルギー資源を大量に消費しています。

世界の電力事情、環境問題に目を向け、なぜ再生可能エネルギーというクリーンなエネルギーが求められているのか、今一度考えてみてください。

日常生活で電気やガスなどエネルギー使用量を減らす

個人で再生可能エネルギーを使用導入することは難しいかもしれませんが、日常生活の中で身の回りの電力消費量を見直してみることはできるでしょう。

家庭内には、冷暖房や冷蔵庫、照明やテレビなど消費電力の多い家電がたくさんあります。家電製品の中には、電源を入れなくてもプラグをつけているだけで電気を消費してしまうものもあります。こうした電力は、待機時消費電力と呼ばれ、家庭内のエネルギー消費量のうち年間6%と占めています。

コンセントからプラグを抜くことや使わない電気は消すこと、省エネ性能のある製品を使うといったことを行動に移すだけでも、立派なエネルギー消費量の削減につながります。一人一人の小さな意識の積み重ねと行動が大切です。

参照元:待機時消費電力を減らしましょう。|経済産業省資源エネルギー庁HP

まとめ

まとめ
この記事では再生可能エネルギーとはなにか、そのメリットなどを紹介してきました。

SDGsの目標で掲げられているように、いま世界に求められているのは「クリーンなエネルギーを世界の人々が安定的に供給できる」ということです。その役割を担っていくのが再生可能エネルギーなのです。

今後のさらなる普及には課題も少なくありませんが、エネルギー問題は地球の将来にかかわる問題であるということを、私たち一人一人が理解し、行動に移していくことが大切なのです。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

RELATED

PAGE TOP