つくる責任 つかう責任

ヴィーガンファッションとは?動物を保護する選択肢を!

近年、ファッション産業において動物保護に配慮した「ヴィーガンファッション」に注目が集まっています。

昔からアパレル製品を生産するために多くの動物たちが犠牲になってきましたが、その実態が世の中に知られる機会はほとんどありませんでした。
しかし、近年SNSや動画サイトが発展したことにより、アルパカの毛皮を生産する残虐な様子が拡散されたことをきっかけに、高級アパレルブランドまでもが動物の倫理を配慮すべきであると考え、行動するようになりました。

こうした状況を受け、ファッション産業ではヴィーガンファッションを進める動きが活発化しています。
私たちもヴィーガンファッションを取り入れることで、動物の倫理を守ることができるのです。

この記事を通してヴィーガンファッションについて理解を深め、積極的に取り入れてみましょう。

ヴィーガンファッションとは

ヴィーガンファッションとは

ヴィーガンファッションとは、動物を虐待搾取することなく作られた衣類・バック・シューズなどを選ぶファッションのことを言います。

世界中で販売されている衣類・服飾雑貨には、羊の毛を原料とする「ウール」、ウサギやアライグマの毛を用いた「ファー」、牛・馬・羊などの皮から作られる「レザー」など、動物由来の製品が溢れています。

衣類や服飾雑貨の原料とするために飼育される動物たちは、長年にわたり劣悪な環境で育てられてきました。
そんな動物たちへの倫理に気を配り、生きる権利を守る選択をする「ヴィーガンファッション」が注目されています。

駿台予備学校

ヴィーガンな素材とは?代表的な素材を紹介

ヴィーガンな素材とは?代表的な素材を紹介

動物たちへの倫理的な問題を受け、否定的な声が多く取り上げられる中、シャネル・グッチ・バーバリー・アルマーニ・ステラマッカートニーなどの有名ブランドにおいても、動物由来の素材を使用しないアパレル製品づくりが進められるようになりました。

では、ヴィーガンな素材にはどのようなものがあるのか。
代表的な素材を紹介します。

ヴィーガンレザー

ヴィーガンレザーとは、動物由来の皮を使用せずに作られたレザー素材のことです。
「フェイクレザー」とも呼ばれ、本皮に近い風合いに仕上げられています。

植物性樹脂を主な原料とする植物由来の素材、化学繊維をコーティングするなどをして作られる石油由来の素材があります。

ウィーガンレザーは、本皮と比べると耐久年数が短いものの、軽量で水に強いというメリットがあります。

フェイクファー(エコファー)

フェイクファーは、本物の毛皮を模して作られたパイル織物の一種で、人工毛皮とも呼ばれます。
フェイクファーは、化学繊維を用いて作られていて、本物のファーと比べて、丈夫で安価、お手入れもしやすいなどの特徴があります。

近年では、エコファーの製造技術が向上したことにより、本物のファーの必要性が薄れてきているという現状もあります。
日本では、和歌山県橋本市高野口町が100年以上にわたりパイル織物が盛んであることから、フェイクファーを製造する業者が多く集まっています。

オーガニックコットン

オーガニックコットンとは、オーガニック農産物等の生産方法について、厳しい基準に従って作られた綿花のこと。
認証機関に認められた農地で、農薬や肥料の基準を守られています。

さらに、労働者の社会的な基盤を守り、児童労働もさせない安全な環境で作られています。

ヴィーガンファッションを取り入れるメリット

ヴィーガンファッションを取り入れるメリット

では、ヴィーガンファッションを取り入れると、どのようなメリットがあるのでしょうか。

主に、以下の3つのメリットが挙げられます。

動物保護につながる

世界には、アパレル製品の素材とすること目的に育てられた動物が多く存在しています。
そのような動物たちは、衛生面の悪い環境で育てられ、十分なエサを与えられず、首をつかんで無理やり毛を刈られるような虐待行為を受けています。
絶滅の危機にさらされている動物までいるのです。

動物由来のアパレル製品を選ばないことによって、犠牲となる動物を増やさない取り組みができます。

地球環境を配慮できる

皮製品の製造工程では、染色や保存をするために有害な化学薬品を使われることが多くあります。
工場から出る廃棄物の中には有害物質が多く含まれていることから、大気や地下水が汚染され、近隣住民が病気を発症しやすくなったという事例もあるのです。

環境汚染や健康被害を及ぼすリスクのある素材を選ばないことによって、地球環境や生態系を守ることにつながります。

労働者の生活を守ることにもつながる

オーガニックコットンにおいては、植物素材で環境への負荷が少ないだけではなく、労働者の安全が守られ、児童労働もさせない環境で栽培されています。

オーガニックコットンを使用したアパレル製品を選ぶ人が増えることによって、その需要が高まると、守られた環境下で労働できる人が増えることにつながります。

ヴィーガンファッションを積極的に取り入れよう

ヴィーガンファッションを積極的に取り入れよう

私たちは、数多くの選択肢から自らの意思でアパレル製品を選び購入しています。
動物への倫理に気を配り、動物由来の製品を選ばない人が1人でも増えることによって、犠牲になる動物を減らすことができるのです。

ヴィーガンファッションは、日本ではまだ多くの人に認知されていませんが、ロサンゼルスでは「ヴィーガンファッション・ウィーク」が2019年から2021年までに3回も開催されており、盛り上がりを見せました。

日本でも、商品タグに「オーガニックコットン」や「エコファー」などの記載があるアパレル製品は多く販売されています。
このような地球に優しい製品に目を向け、積極的に取り入れてみてはいかがでしょうか。

まとめ

まとめ

ヴィーガンファッションとは、動物を虐待搾取することなく作られた衣類・バック・シューズなどを選ぶファッションのことです。

衣類や服飾雑貨の原料とするために飼育される動物たちは、長年にわたり劣悪な環境で育てられてきました。
そんな動物たちへの倫理に気を配り、生きる権利を守る「ヴィーガンファッション」が近年注目されています。

ヴィーガンな素材として代表的なものには、ヴィーガンレザー・フェイクファー・オーガニックコットンなどがあります。
高級ブランドでもこれらの素材を積極的に取り入れたことにより、本物のレザーやファーによる製品こそが上質という概念さえも消えてきているのです。

ヴィーガンファッションを取り入れると、動物愛護だけでなく、地球環境や労働者の生活も守ることができます。
動物や地球に寄り添うことができるヴィーガンファッションに目を向けてみてください。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
MIRASUS

MIRASUS編集部。地球と人に優しい未来をつくるサステナビリティな事例をご紹介。誰にでもわかりやすくSDGsに関する情報は発信していきます。

  1. 8000kicksが開発|世界で初めての麻のシューズ「Explorer」を紹介!

  2. 火力発電で挙げられるメリットは何?活用を続ける理由を解説

  3. ネットゼロとカーボンニュートラルは何が違う?

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP
MIRASUS編集部から新着記事や人気記事を定期配信いたします。SDGsに関する最新情報がチェックできます!
メールマガジンの無料登録はこちら