人や国の不平等をなくそう

フェアトレード商品はどこで買える?実は身近な販売先を紹介!

皆さんは、「フェアトレード」という言葉をご存知でしょうか。
最近は、あちこちで耳にするようになり、商品を購入した経験がある方も多いでしょう。

簡単にいえば、公平な賃金のもとで生産され流通している商品のことを表します。
その背景には、貧困層における様々な現状があり、日本で購入する私たちも知っておく必要があることばかりです。

とはいえ、フェアトレード商品を買いたいと思っても、どこで買えるかを知らなければ意味がありません。
こちらの記事では、フェアトレード商品とはどういった商品なのかに触れながら、どこで買えるかを紹介していきます。

フェアトレードとは?

フェアトレードとは?

日本で一般的に売られている製品の多くは、世界中から輸入されたものであり、中には驚くほどリーズナブルな商品もあります。
購入する側とすれば、安いに越したことはないという気持ちもありますが、その背景には様々な事情がある可能性が否めません。

例えば、発展途上国において生産された日用品などは、生産者に対して正当な賃金が払われることなく作られたものもあります。
また、生産効率を向上させる目的で、農薬を多く使うような食品もあり、こういった現場では生産者自体の健康に被害が及ぶケースも考えられるでしょう。

私たちが、リーズナブルに商品を購入できる背景にはこのような現状が隠されています。
こういった現場を打破するために、生まれたのがフェアトレードです。

発展途上国で生産された商品を、人件費や作業費用を含めた適正な価格で取引することを表しています。
この取引によって、発展途上国で働く生産者の生活や健康を守ることができるためです。

[sitecard subtitle=関連記事 url=https://mirasus.jp/sdgs/reduced-inqualities/1700 target=]

フェアトレード商品について

ここ近年浸透しているフェアトレードですが、意外と身近な商品として私たちの暮らしにも溶け込んでいます。
例えば、コーヒーや紅茶といった飲料や、果物や蜂蜜などの食料品もフェアトレード商品が多く見られるでしょう。

また、コットンや衣料品などにもフェアトレード商品は多くあり、探せば身の回りのものを一式フェアトレード商品で揃えることも不可能ではありません。

フェアトレードラベルで見分けられる

フェアトレード商品の中には、フェアトレードラベルが貼られているものも存在します。
そのため、フェアトレード商品であることが、一目でわかるでしょう。

このラベルは、国際フェアトレード基準の条件に適っているという証明でもあり、安心して買えるフェアトレード商品ともいえます。
とはいえ、フェアトレードラベルを取得するためには、費用がかかることから、フェアトレードラベルが貼られていない商品もあるので注意が必要です。

フェアトレード商品の見分け方

フェアトレードには「WFTO(世界フェアトレード連盟)」という団体があり、この連盟に加盟している企業や団体で、さらにモニタリング制度の基準を満たしている場合は、「フェアトレード団体マーク」を使用することができます。

このマークは、全ての商品につけることができません。
しかし、店頭やオンラインストアに掲示されることから、フェアトレード商品を見分ける際の参考になります。

フェアトレード商品はどこで買えるの?

フェアトレード商品はどこで買えるの?

フェアトレード商品の見分けがついたとしても、販売店がわからなければ、探し回ることになってしまいます。

効率よくフェアトレード商品を購入するためには、どこで買えるのかを把握しておくことが大切です。

コンビニやスーパーでも買える

実は、フェアトレード商品は、コンビニやスーパーといった身近なお店で購入することができます。

例えば、セブンイレブンでは、フェアトレードカカオをしようしたチョコレートをリリース。一般的なチョコレートと大差のない価格で買えるのも魅力ではないでしょうか。

また、イオン系列ではトップバリューからフェアトレードのコーヒー豆が販売されています。こちらも、一般的な価格と大差なく、美味しく飲めるので利用しやすい商品でしょう。

そのほか、輸入食品を扱っているスーパーKALDIでは、多くのフェアトレード商品を扱っています。

フェアトレードの代名詞「ピープルツリー」

フェアトレードのチョコレートと聞くと、「ピープルツリー」ではないでしょうか。ナチュラルローソンでも販売していることから、一番身近なフェアトレード商品といっても過言ではありません。

ピープルツリーはフェアトレードの専門ブランドとして、早くからフェアトレードを行なっています。実に、日本におけるフェアトレードの草分け的存在といっても良いでしょう。

厳選された素材が使用され、丁寧に作られるチョコレートは、時期がくると店頭に並ぶとあって楽しみにしている人も多いのが特徴です。
ナチュラルローソンや輸入食品店だけではなく、環境を意識している雑貨店や衣料品店などでも取り扱いを行なっているケースがあります。

また、ピープルツリーには東京に2店舗の実店舗を持っており、チョコレートだけではなく様々なアイテムを販売しているので訪れてみると良いでしょう。

オンラインストアでも買える

昨今は、オンラインでの買い物も浸透していることから、フェアトレードの商品もオンラインストアで購入できるケースが増えています。

特に、アジアに暮らす方たちがハンドメイドで作り上げた衣料品やアクセサリー、雑貨などのフェアトレード商品を扱うショップは多く、実用的なアイテムも多いのでいつものショッピングと変わりなく購入することができるでしょう。

まとめ

フェアトレード商品はどこで買える?実は身近な販売先を紹介!のまとめ

フェアトレード商品には、しっかりとしたバックグラウンドがあり、誰もが平等に生きていくための大切な流れです。
多くの場合、商品ができるまでのストーリーを紹介しているので、購入する前に生産に関わる人たちのことを知っておくことをおすすめします。

また、コンビニやスーパーなど、意外と身近なお店で手に入れられるのもフェアトレード商品の魅力です。ふらりと立ち寄ったスーパーで、フェアトレード商品が陳列されていることもあるでしょう。

全てのアイテムをフェアトレードでまとめるのは大変ですが、見かけた時に購入するだけでもフェアトレードに対する意識が高まります。

衣料品やアクセサリーなどを購入するのはハードルが高いという場合でも、チョコレートやコーヒーをコンビニで買うのなら問題ないのではないでしょうか。

まずは、小さな一歩から関わってみることをおすすめします。

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

RELATED

PAGE TOP