公式LINEアカウントでも絶賛配信中!

友だち追加
SOCIETY

森林破壊で毎年北海道よりも広い面積の森林が世界で消失している

世界では毎年1,000万ヘクタールの森林が消失しているという驚くべき統計があります。この広大な面積は日本の北海道よりも大きく、深刻な環境問題であると指摘されています。

また、世界資源研究所が実施した調査では、森林破壊によって毎年150億本の木が消えているという調査結果も出ています。

森林が失われることで、大気中の二酸化炭素が吸収されずに、地球温暖化を促す原因となります。

世界の人口が増加し、資源に対する需要が高まるにつれ、森林伐採はさらに進み、生息地が破壊され、多くの動物が危険にさらされることになるでしょう。生態系のバランスを崩すことも心配されています。

森林破壊の危険性は環境や気候変動の問題だけにとどまらず、大気・水質の悪化にもつながり、健康や経済への悪影響も懸念されています。

この問題に対しては、各国政府や企業が積極的に取り組む必要があります。これまで以上に森林保護や再生に力を入れ、持続可能な社会を目指すことが必要と言えるでしょう。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
MIRASUS

MIRASUS編集部。地球と人に優しい未来をつくるサステナビリティな事例をご紹介。誰にでもわかりやすくSDGsに関する情報は発信していきます。

  1. 明治大学 公認ボランティアサークル LINKs、環境分野を中心に持続可能な社会の実現を!

  2. 【決定版】環境に配慮したサステナブルな紙素材の事例をご紹介。再生紙や混抄紙を超えた素材も

  3. 全国で魅力ある唯一無二のよさこい演舞を!「立教大学よさこい連百合文殊」の活動をご紹介

公式LINEアカウントでも絶賛配信中!

友だち追加




UZUZ



新卒就活 アスリートエージェント

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP