公式LINEアカウントでも絶賛配信中!

友だち追加
SOCIETY

実は国民一人あたりのお米の消費量が世界一のバングラデシュ

バングラデシュは、その小さな国土に巨大な人口を抱える、独特な国です。人口密度は世界一を誇り、この地域特有の文化と経済が形成されています。この記事では、バングラデシュの人口と国土の現状、日本との関係、さらには国民一人当たりの米の消費量が世界一である背景について深く掘り下げます。

人口と国土の概要

バングラデシュは、日本の約40%の国土に約1億6000万人が暮らしており、人口密度が世界一です。この国はインドとミャンマーに国境を接しており、独特な文化と経済を持っています。人口の多さと国土の小ささは、バングラデシュの社会経済に多大な影響を及ぼしています。

日本とバングラデシュの関係

日本とバングラデシュは長い間友好関係を築いてきました。この親日的な関係は、両国間の文化的、経済的交流を促進しています。日本は、教育やインフラなどの分野でバングラデシュを支援しており、その関係は今後も続くと予想されます。

日本とバングラデシュの関係

バングラデシュにおける米の消費

バングラデシュでは、ビリヤニやカレーなど米を主食とする料理が多く、一人当たりの年間米消費量が世界1位です。この高い消費量は、国民の食生活や文化に深く根ざしています。

世界の米消費量ランキング

世界の米消費量ランキング

下記のデータは、国民一人当たりの年間米消費量を表しており、各国の食文化や経済状況を反映しています。以下はその具体的なランキングです。

  • 第1位: バングラデシュ – 259.7kg
  • 第2位: ラオス – 243.7kg
  • 第3位: カンボジア – 239.91kg
  • 第4位: ベトナム – 205.52kg
  • 第5位: ミャンマー – 197.05kg

各国の米消費量についての詳細

  • バングラデシュ: 世界で最も米消費量が多い国。この高い消費量は、米を主食とする食文化と、高い人口密度による需要の大きさが影響しています。
  • ラオス: 米はラオスの主食であり、農業が国民経済の大きな部分を占めています。ラオスの伝統的な食文化と経済構造がこの高い消費量に貢献しています。
  • カンボジア: カンボジアもまた、米を主食とする国で、農業が経済の重要な部分を占めています。国民の日常食としての米の重要性がこの数字を反映しています。
  • ベトナム: ベトナムは、世界でも主要な米の輸出国の一つです。そのため、国内での米消費量も非常に高いです。
  • ミャンマー: ミャンマーの食文化においても、米は中心的な位置を占めています。農業が国の主要産業の一つであり、国民の食生活を支えています。

一方、日本の国民一人あたりの年間米消費量は世界で50位と意外にも低い水準にあります。これは、近年の食生活の多様化や、西洋食の普及により、米の消費が減少していることが影響しています。

参照元:https://www.fao.org/home/en/

バングラデシュの軽食文化

ちなみに米の消費に加え、バングラデシュはその豊かな軽食文化で知られています。

首都ダッカでは、朝昼晩の食事に加え、2度の「ナスタ」(軽食)の時間があります。この国のストリートフードは多種多様で、スパイスとハーブの絶妙なバランスが特徴です。以下は、ダッカの魅惑的なストリートフードの例です。

ジャルムリ:辛いパフライス。ローストピーナッツ、ジャガイモ、キュウリ、レモンなどを混ぜたカレー風味のスナック。
バパ・ピタ:ココナッツ風味の米粉蒸しパンケーキ。ココナッツやジャガリ(椰子の蜜)を合わせた餡が特徴。
シンガラ:サモサに似た揚げスナック。ジャガイモやスパイスを混ぜた具材が使われます。
ハリム:レンズ豆のスープに様々なスパイスと肉を煮込んだ料理。
ジラーピ:揚げ菓子。小麦粉の生地を油で揚げ、シロップに浸したスナック。

バングラデシュの軽食文化は、地域の食材と伝統的な調理法を組み合わせた、独特で多様な味わいの世界を提供してくれます。

参照元:https://transit.ne.jp/2023/03/002136.html

バングラデシュの経済状況

バングラデシュはアジアの中でも貧しい国の一つとされています。国土の大部分が熱帯モンスーン気候に属し、洪水やサイクロン、竜巻などの自然災害が頻繁に発生します。これらの災害は、すでに貧困に苦しむ人々に更なる困難をもたらし、「被災と貧困のスパイラル」に陥りやすい状況を生んでいます。

食料安全保障の課題

バングラデシュにおける高い米消費量は、食料安全保障の重要な側面を示しています。国民の主食である米は、経済的、文化的、そして栄養的にも国にとって不可欠です。しかし、自然災害や経済的な問題が食料供給に悪影響を及ぼすこともあり、これらの課題に対処するための持続可能な解決策が求められています。

政府は災害リスク軽減と貧困削減のためのプログラムを実施していますが、資源の不足と計画の実施には課題があります。国際社会からの援助も重要で、多くの国際組織やNGOがバングラデシュで活動しています。

食料安全保障の課題

国際協力の重要性

バングラデシュの食料安全保障と経済発展には、国際社会の支援が不可欠です。日本をはじめとする国々からの援助は、バングラデシュにとって非常に重要であり、これらの支援によって食料生産の持続可能性、教育、インフラの改善などが進められています。

まとめと展望

バングラデシュの米消費量が世界一であることは、同国の文化と食生活に根差した現象です。しかし、経済的な困難や自然災害の影響を受けやすい状況にあるため、国際社会との連携を通じて持続可能な食料安全保障を目指す必要があります。今後も日本を含む他国間の協力によって、バングラデシュの経済と社会の発展が期待されています。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
MIRASUS

MIRASUS編集部。地球と人に優しい未来をつくるサステナビリティな事例をご紹介。誰にでもわかりやすくSDGsに関する情報は発信していきます。

  1. 共に学び、共に行動する!上智大学の環境活動サークルGreen Sophia

  2. トータルリユースで持続可能な社会を!レクストホールディング株式会社をご紹介

  3. 多彩な取り組みでSDGsを身近に!「SDGs学生団体 綾いと」の挑戦とビジョン

寄付実施の報告

公式LINEアカウントでも絶賛配信中!

友だち追加




UZUZ



新卒就活 アスリートエージェント

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP