公式LINEアカウントでも絶賛配信中!

友だち追加
SOCIETY

レッドライニングとは?歴史とその影響から課題と対策について

この記事では、「レッドライニング」という語句について詳しく解説します。
初めてこの言葉を聞く方でも、その起源、意味、影響を理解できるように、難しい専門用語は可能な限り避け、易しい言葉で説明します。

レッドライニングの概念

レッドライニングの概念

このセクションでは、まずはレッドライニングという言葉の意味とその関連用語を解説します。
これにより、レッドライニングが何であるか、なぜそれが問題なのかについての理解を深めることができます。

レッドライニングの定義

レッドライニング(英語: Redlining)とは、アメリカ合衆国で特に問題視されている金融の概念の一つです。その名の通り、”赤線を引く”行為から来ており、主に低所得階層の黒人が多く居住する地域を金融機関が「リスクが高い」と判断し、その地域全体を融資対象から除外する、差別的な行為を指します。具体的には、地図上で赤線を引いて、融資対象外の地域であることを明示していました。

レッドライニングと関連用語

レッドライニングを理解するためには、”金融機関”と”融資リスク”という用語について理解しておくと良いでしょう。

金融機関とは

“金融機関”とは、銀行や信用組合、信販会社など、人々が資金を借り入れたり、預けたりすることができる機関のことを指します。これらの機関は、個人や企業が大きな購入や投資を行う際に必要な資金を提供します。

融資リスクとは

一方、”融資リスク”とは、金融機関が貸し出したお金が、借り手から返済されない可能性のことを指します。
金融機関は、このリスクを最小限に抑えるために、どの地域やどの個人に資金を貸し出すかを非常に慎重に選びます。それが、一部の地域や個人を融資対象から除外する、つまりレッドライニングを行う一因となります。

レッドライニングの歴史とその影響

このセクションでは、レッドライニングがどのように生まれ、発展し、そしてアメリカと日本でそれぞれどのような影響を及ぼしてきたのかについて詳しく見ていきます。

レッドライニングの起源: アメリカ

レッドライニングの起源は、1930年代のアメリカに遡ります。
その当時、アメリカの連邦政府はホームオーナーシップを奨励し、市民が安定した生活を送るために住宅ローン保証プログラムを開始しました。

連邦政府の役割

しかし、この保証プログラムの一部として、政府は地域ごとに「リスク」を評価し、その結果を地図上に色分けして表示しました。これは、金融機関が住宅ローンを扱う際のリスクを評価するための手段でした。
そして、低所得者やマイノリティが多く住む地域は「リスクが高い」とされ、赤色で塗りつぶされました。

この政策が「レッドライニング」の起源であり、ここからその名が生まれたのです。

レッドライニングと金融の関係

レッドライニングと金融の関係

金融機関が行うレッドライニングは、その地域の経済状況に深刻な影響を及ぼします。特に、地域経済の発展に重要な役割を果たす住宅ローンのような資金が得られないと、その地域の経済的な成長が阻害され、さらには長期的な貧困を引き起こす可能性があります。

金融のアクセス制限がもたらす影響

レッドライニングにより特定の地域の住民が金融サービスにアクセスできなくなると、新規事業の設立や住宅の購入などの経済活動が制限されます。これにより、地域経済の成長はもちろん、個々の住民の生活の向上も妨げられてしまいます。

レッドライニングの課題と対策

レッドライニングは、社会的、経済的な問題を引き起こす可能性があります。このセクションでは、その課題と対策について深く探求します。

レッドライニングがもたらす課題

レッドライニングは、特定の地域の金融サービスへのアクセス制限という深刻な問題を生み出します。これは地域の住民が新しいビジネスを始めたり、自宅を購入したりする機会を奪うだけでなく、地域全体の経済成長を阻害します。
また、一部の地域が金融サービスから疎外されることは、社会的不公平を生む可能性があります。

レッドライニングに対する対策

レッドライニングに対抗するための一つの手段は、金融機関に対する法的な規制の強化です。これには、差別的なレンディングを禁じる法律の適用や、すべての地域が公平に融資を受けられることを保証する規制が必要となります。

法的な規制

法的な対策としては、公正な融資を行うための法律を強化し、差別的なレンディングを防止することが考えられます。これにより、金融機関が不公平な判断で特定の地域や集団を融資対象から除外することを防ぐことが可能となります。

コミュニティベースの金融機関の設立

また、地域住民自身がコミュニティベースの金融機関、例えば信用組合を設立し、地域内での貯蓄と融資を行うことも有効な解決策となり得ます。これにより、地域内で資金を循環させ、金融機関からの融資がなくても地域経済の発展を促進することが可能となります。

まとめ

レッドライニングは、金融機関が特定の地域を「リスクが高い」と判断し、融資を制限または拒否する行為を指します。これはアメリカで始まった現象で、特に低所得階層の黒人が住む地域に多く見られました。

しかし、この問題は単に経済的な側面だけでなく、社会的公正さにも大きく影響します。レッドライニングは地域の経済発展を阻害し、住民の生活改善の機会を奪い、社会的な不平等を引き起こす可能性があります。

対策としては、差別的なレンディングを禁止する法律の強化や、地域住民自身が金融機関を設立するなどが考えられます。
これらの対策は、公平で持続可能な金融システムを構築するために重要なステップです。

 

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
MIRASUS

MIRASUS編集部。地球と人に優しい未来をつくるサステナビリティな事例をご紹介。誰にでもわかりやすくSDGsに関する情報は発信していきます。

  1. トータルリユースで持続可能な社会を!レクストホールディング株式会社をご紹介

  2. 多彩な取り組みでSDGsを身近に!「SDGs学生団体 綾いと」の挑戦とビジョン

  3. 寝具のリサイクル率はたったの2%、寝具廃棄の現状とその打開策とは?

寄付実施の報告

公式LINEアカウントでも絶賛配信中!

友だち追加




UZUZ



新卒就活 アスリートエージェント

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP