公式LINEアカウントでも絶賛配信中!

友だち追加
SOCIETY

コナベーションとは?持続可能な都市開発への新しい視点について

地理学と都市計画の世界には、我々の日常生活に深く影響を及ぼす概念が数多く存在します。
その中でも、「コナベーション」は特に重要な概念の一つです。これは都市の成長と拡大の過程を理解する上で非常に役立ちます。

では、具体的にコナベーションとは何でしょうか?
この記事では、コナベーションの意味、その英語表現、さまざまな地域における具体的な例、そして「メトロポリス」や「メガロポリス」との違いについて触れていきます。

コナベーションとは何か?

コナベーションとは何か?

コナベーションは、都市の成長と拡大を理解する上で重要な概念で、都市とその周辺地域の相互作用を評価するために使用されます。
都市の発展、特に物理的な連続性を持つ一つの大きな地域への拡大を捉えるための手法として、この概念は重要な役割を果たします。

コナベーションの起源と意味

コナベーションの概念は、イギリスの都市学者パトリック・ゲデスによって初めて提唱されました。
ゲデスが指摘したコナベーションは、元々別々だった都市や市街地が、都市化の進行と共に発展・拡大し、物理的に連続した一つの地域を形成する現象を指す概念です。

また、コナベーションは、一つの大きな都市が発展し、その過程で周辺の中小都市を取り込んでしまう場合も含む概念として広く受け入れられています。

具体的な例

日本の北九州市は、門司、小倉、八幡、戸畑、若松の5市が合併し、物理的に連続した一つの地域を形成したため、コナベーションの一例と言えます。
東京を中心とする京浜・京葉地域や大阪を中心とする阪神地域は、大都市が周辺の中小都市を含むように発展した例であり、これもまたコナベーションの一部と見なすことができます。

コナベーションの英語表現

英語でコナベーションは”conurbation”と表現され、”metropolitan area”(大都市圏)とほぼ同義に使われることが多いです。
例えば、”London conurbation”はロンドンとその周辺の都市を包含する大都市圏を指す表現となります。この英語表現は、都市の連続的な成長と発展の現象を具体的に捉えるのに有用な言葉と言えます。

コナベーションの具体的な例:ヨーロッパと日本

コナベーションは都市の成長と拡大を理解する上で重要な概念であり、世界各地の都市の発展に影響を与えています。地域ごとにその特性や影響は異なり、以下ではヨーロッパと日本のコナベーションの事例を具体的に見ていきます。

ヨーロッパのコナベーション

ヨーロッパは都市の発展と拡大によって生じたコナベーションが数多く見られる地域です。都市の集合体が自然発生的に、または計画的に形成され、都市間の連続性が強化されています。

ドイツのライン・ルール地域

特にドイツでは、都市化が進んだ地域でコナベーションが形成されています。ライン・ルール地域はその一つで、ドルトムント、エッセン、デュッセルドルフなど複数の大都市と、それらを取り囲む多くの小都市が一体となった巨大なコナベーションを形成しています。

これらの都市が経済的、社会的、そして物理的に連続する形で結びつき、都市の成長と拡大を体現しています。

日本のコナベーション

日本においても、都市の成長と拡大によるコナベーションの現象が見受けられます。特に大都市圏の形成において、その特徴が顕著です。

大東京地域

日本におけるコナベーションの代表例は、東京都心部とその周辺都市が一体となった「大東京地域」です。東京都心部が急速に発展し、その過程で周辺の都市(川崎市、横浜市、千葉市など)を包含して一つの巨大な都市圏を形成しています。
このようなコナベーションの形成は、人口の集積、経済活動の集約、都市機能の一体化など、都市圏の成長と拡大における多くの要素を反映しています。

都市の概念:コナベーション、メトロポリス、メガロポリス

都市の概念:コナベーション、メトロポリス、メガロポリス

コナベーション、メトロポリス、メガロポリスは都市開発と地理学に重要な影響を及ぼす都市の概念です。それぞれが似ているように思えるかもしれませんが、その定義や特性は異なります。
ここでは、これらの違いと共通点について詳しく説明します。

メトロポリス:大都市とその都市圏

メトロポリスは大都市、またはその都市圏を指します。一つの大都市を中心として、その周辺の都市や町が密接に結びついた都市圏を形成します。

メトロポリスの特徴

メトロポリスは、経済、政治、文化などの多くの機能が集中し、周辺地域に影響を及ぼす大都市を指します。周辺地域との結びつきは主に経済的な関連性や通勤圏域などにより形成され、この結びつきがメトロポリスの一体感を生み出します。

メガロポリス:巨大都市圏

メガロポリスは複数のメトロポリスが一体となった巨大都市圏を指します。メガロポリスは、地理的に近接し、経済的や文化的な連続性が見られる複数のメトロポリスから成り立っています。

メガロポリスの特徴

メガロポリスは、人口や経済活動が極めて高密度に集積している地域であり、多数の大都市が連続して存在します。
例えば、アメリカのボストンからワシントンD.C.に至る東海岸部や、日本の東京から大阪にかけての地域などがメガロポリスとして知られています。

コナベーション:連続的に一体化した地域

一方、コナベーションは元々別々だった都市が連続的に一体化した地域を指します。コナベーションは物理的な連続性に重点を置き、経済的や文化的な連続性は必ずしも必要とされません。

都市概念の今後:コナベーションの重要性

都市化が進む現代社会において、コナベーションの概念はますます重要性を増しています。新たな都市開発の計画や都市政策の策定において、都市間の連続性や一体性をどのように捉え、それをどのように活用するかが重要となるでしょう。
都市がますます連続的に一体化していく中で、これらの都市概念を理解し活用することが求められます。

まとめ

今回は、コナベーションについて解説しました。
都市開発と地理学の観点から見ると、コナベーション、メトロポリス、メガロポリスはそれぞれ異なる特性と意味合いを持つ都市の概念です。メトロポリスは大都市とその都市圏を指し、経済、政治、文化などの中心地として機能します。

一方、メガロポリスは複数のメトロポリスが一体化した巨大都市圏であり、地理的に近接し、経済的や文化的な連続性が見られます。さらに、コナベーションは物理的に連続した一体化した地域を指し、別々だった都市が一体化する現象を示します。

これらの概念は、都市化が進行する現代社会において、都市間の相互関係や一体性を理解し、それに対応した都市計画や政策策定を行う上で重要な視点を提供します。
それぞれの都市概念の違いと共通点を理解することで、より効果的な都市開発と都市生活の向上につなげることが可能となります。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
MIRASUS

MIRASUS編集部。地球と人に優しい未来をつくるサステナビリティな事例をご紹介。誰にでもわかりやすくSDGsに関する情報は発信していきます。

  1. トータルリユースで持続可能な社会を!レクストホールディング株式会社をご紹介

  2. 多彩な取り組みでSDGsを身近に!「SDGs学生団体 綾いと」の挑戦とビジョン

  3. 寝具のリサイクル率はたったの2%、寝具廃棄の現状とその打開策とは?

寄付実施の報告

公式LINEアカウントでも絶賛配信中!

友だち追加




UZUZ



新卒就活 アスリートエージェント

RANKING

DAILY
WEEKLY
MONTHLY
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

RELATED

PAGE TOP