つくる責任 つかう責任

エシカル消費とは?具体例を知って生活に取り入れてみよう!

最近耳にする機会が増えたエシカル消費。

2019年に消費者庁が発表した意識調査では、エシカル消費に59.1%の人が興味を持っていると答えています。
2016年の35.9%と比べると、エシカル消費に対する人々の注目度が高まっていることが分かる結果となりました。

しかし、実際に行動している人は36.1%と半数以下です。
なかには「興味はあるけれど、何をすればよいのかわからない」と思い、行動に移せない人もいるかもしれません。

そこで本記事では、エシカル消費を暮らしに取り入れやすくするために、注目されている理由や具体例などをまとめました。

まずは、エシカル消費がどのようなものかを見ていきましょう。

参照元:「倫理的消費(エシカル消費)」に関する消費者意識調査報告書

エシカル消費とは?

エシカル消費とは?

エシカル(ethical)とは日本語では「倫理的」「道徳的」と訳します。
そのためエシカル消費は、「人や社会・環境を含む地球全体との関わりや、影響を考えて商品やサービスを選ぶ消費」と言う意味で使われるようになりました。

例えば、コットン素材の服を低価格で購入したとしましょう。
原材料である綿は、主に途上国の人々を低賃金で雇い栽培している素材です。
家計を支えるために、子どもが働いていることも珍しくありません。

さらに綿花栽培には大量の殺虫剤や化学肥料を使用。
土壌汚染や水質汚染など、環境への影響も考えられます。
労働者の人体への影響も、まったくないとは言い切れません。

このように私たちが商品やサービスを消費する裏で、誰かが影響を受けている可能性もあるのです。

私たちは消費する際に、「誰にどのような影響があるのか」を考える必要があります。
先述したコットン素材の服で言えば、無農薬で栽培されるオーガニックコットンの服を選ぶと誰かへの影響を軽減できます。

ここまではエシカル消費が、どのようなものかお伝えしました。
続いては、注目されている理由について触れていきます。

参照元:
持続的な社会を考える 新しい環境問題 エシカル消費|吉沢広祐監修
オーガニックコットンとは|NPO法人日本オーガニックコットン協会

なぜエシカル消費が注目されているの?

私たちは、技術や輸送手段の発達によって欲しい商品を手に入れやすくなりました。
しかし、欲しい商品が苦労せず手に入るようになり、簡単に捨てる人が増えたことも事実です。

あなたが「欲しい」と思い手に入れた商品は、地球上にある資源でつくられています。
その資源が人の手によって加工され商品となり、輸送後販売されています。

廃棄される場合の多くは、焼却や埋め立てられますが、日本以外の国で処分することもあります。

消費は日本だけでなく世界ともつながっているのです。
そして、私たちが商品やサービスを購入する裏で、誰かが影響を受けていることも忘れないでください。
影響を受ける対象も、環境・地域・人・社会とさまざまです。

このように、あらゆる影響を考え、誰かが困ることのない世界をつくるために、エシカル消費が注目されています。

それでは実際に、私たちは何をすればよいか見ていきましょう。

参照元:持続的な社会を考える 新しい環境問題 エシカル消費|吉沢広祐監修

エシカル消費の具体例を知って真似してみよう

エシカル消費の具体例を知って真似してみよう

エシカル消費の説明でもお伝えした「オーガニックを選択する」以外にも、私たちがエシカル消費を取り入れる方法はあります。

ぜひ参考にしてみてください。

【具体例①】地産地消を心掛ける

地産地消とは住んでいる地域で育てられた農産物や水産物を、その地域で消費することを言います。

商品を遠くへ運ばないためCO2の量を軽減でき、包装も過剰にする必要がありません。
環境に優しく資源の節約にもなります。

また地域で消費する量が増えるほど農業や水産業も発展し、地域の活性化につながるのです。

【具体例②】児童労働や人権侵害のない製品を選ぶ

世界では、さまざまな労働問題がおきています。

朝から夜まで働いても、1日生活できるだけのお給料をもらえない。
人権を無視され酷い環境で働かされる。
大人と一緒に過酷な労働を強いられている子ども少なくありません。

私たちが購入した商品が、裏ではこのような問題を抱えている可能性もあるのです。

この問題を解決するためにフェアトレード(※)のような、環境や貧困に注目した商品が登場しています。
これらの商品には目印として、認証ラベルが付いていることが多いため、購入する際はラベルの有無を確認しましょう。

(※)フェアトレード:「公平・公正な貿易」を意味する言葉。途上国で生産された原料や製品を適正な価格で継続的に取引することで、生産者や労働者の生活改善と自立を目指す貿易の仕組み。

種類としては、下記のようなラベルがあります。

■国際フェアトレード認証ラベル

国際フェアトレード機構の定めた基準にそって製造された商品についています。

生産者へ生産物に見合った金額を保証し、児童労働の禁止・環境への配慮などの基準を守っている証です。

参照元:認証ラベルについて|fairtrade japan公式サイト

■レインフォレスト・アライアンス認証マーク

労働者の権利の保護や環境に配慮した、持続可能な農業に取り組む農園の農作物についています。

カエルのマークは生産農園の持続可能性・作物の輸入・加工する企業の生産流通の方法・トレーサビリティ(※)が確認できる印です。

(※)トレーサビリティ:追跡「trace」と能力「ability」を合わせた言葉。日本では「追跡可能性」とも呼ばれている。商品の生産から消費までの過程を追跡できるため、流通に関わる業界で使用されている。

参照元:
レインファレスト・アライアンス認証|森林保全制度|フォレスト パートナーシップ・プラットフォーム
サステナブル・ラベルを知ろう!|一般社団法人 日本サステナブル・ラベル教会

【具体例③】シェアリングサービスを活用する

シェアリングサービスでは、

・自動車
・駐車場
・会議室
・洋服
・住宅

などの、ものやサービスを誰かと共有できます。

自身で購入しないため、不要になった際はごみとして処分する必要もありません。
資源やエネルギーの節約にもなります。

このようにエシカル消費は、普段の生活を少し変えるだけでよいのです。

1人ひとりができることを少しずつ続けると、持続可能な世界へと近づきます。
そしてエシカル消費に取り組むことは、SDGsの目標達成にもつながります。

エシカル消費はSDGsとも関係している

エシカル消費はSDGsとも関係している

2015年の国連総会にて、193の加盟国が賛同したSDGs。
環境・社会・経済の課題解決に向けて、17の目標と169のターゲットが設定された国際目標です。

「誰一人取り残されない」世界を目指すこの目標は、エシカル消費とも深い関わりがあります。

そのなかでも注目したいものが、目標12「つくる責任つかう責任」です。

ここからはSDGs目標12が、エシカル消費とどのように関係しているのかを見ていきます。

目標12「つくる責任つかう責任」

目標12は「持続可能な消費・生産形態を確実にする」ことを目指す内容となっています。

この目標は、ただ目の前の商品を「モノ」として見ているうちは達成が難しいでしょう。

「この素材は、どのような環境で生産されたのか」「廃棄やリサイクルの方法はどのようになっているのか」など普段は見えない部分にこそ、目標を達成するための鍵が隠されているからです。

私たち消費者は、見えない部分を考えて商品を選ばなければいけません。
そして、これはエシカル消費にも共通する考え方です。

生産者側も持続可能な生産形態を可能にするためには、人や環境に悪影響を与えない商品の生産が求められます。

つくる側とつかう側が、それぞれの立場から考え行動することで目標12の達成につながるでしょう。

参照元:SDGs(持続可能な開発目標)|蟹江憲史

まとめ

まとめ

欲しい商品やサービスを消費しやすくなった現代ですが、その裏で誰かが影響を受けています。

私たちは消費する際に「誰にどのような影響があるのか」を考えなければいけません。
オーガニックや地産地消を意識するなど、暮らしを少し変えるだけでエシカル消費はできます。

あなたが行動することで、環境悪化の防止につながるかもしれません。
途上国で働く子どもが働かずに、学校へ通えるようになる可能性もあります。

1人ひとりの行動は些細なものですが、世界中の人が行動することによって、現状を変えるほどの大きな力になります。

まずは「今、自分に何ができるのか」を考え、少しずつエシカル消費を生活に取り入れてみましょう。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事

鹿児島県在住のフリーライター。コーヒーをきっかけにSDGsを知り、興味をもつように。普段は、ライフスタイルやSDGsに関する記事を執筆しています。

  1. グリーンリカバリーとは?欧州の取り組み事例や日本の現状も紹介

  2. グリーンインフラとは?日本が抱える課題や取り組み事例も紹介

  3. 砂漠化を防ぐために、私たちにできることから始めよう!

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

RELATED

PAGE TOP