つくる責任 つかう責任

食品ロス削減に向けた日本の取り組みとは?一人ひとりの関心がSDGs目標達成に不可欠

食品ロスとは、「まだ食べられるのに捨てられてしまう食材」のことです。

毎年、世界では約13億トン、日本では約612万トンの食品ロスが発生しています。

そして、日本における食品ロス年間612万トンとは、東京ドーム5杯分、日本人1人あたり毎日お茶碗1杯分のごはんを廃棄している計算に相当します。

参照:食品ロスの現状を知る(農林水産省HP)
参照:食品ロスについて知る・学ぶ(消費者庁HP)

現在、世界全体でSDGsに向けた取り組みが盛んになっています。

そして、食品ロス削減も、持続可能な開発目標の1つに掲げられているため、日本でも積極的に対策をとる必要があるでしょう。

そこで、今回は、日本における食品ロス削減の取り組みについて解説します。

一人ひとりができることからスタートすれば食品ロス削減は達成できるので、ぜひ最後までご一読ください。

日本における食品ロスの原因

そもそも日本において、なぜこれだけの食品廃棄量があるのでしょうか。

「事業系食品ロス」「家庭系食品ロス」の2つに分けて、原因を探っていきます。

事業系食品ロスが出る原因

事業系食品ロスとは、食品メーカーやスーパーなどの小売店、レストランなどの外食産業で発生している食料廃棄のことです。

大きな理由として挙げられるのが、「物の作りすぎ」「厳しすぎる在庫管理」「売れ残り」「食べ残し」などです。

消費者に対して便利を追求したあまり、過剰に作って過剰に捨てるという悪循環が生まれてしまいました。

家庭系食品ロスが出る原因

家庭系食品ロスとは、文字通り家庭から出る食品廃棄のことです。

具体的には「食べ残し」「期限切れでの廃棄」「まだ食べられる部位を捨てている」などが挙げられます。

実際ご家庭においても「期限が切れてしまったから処分した食品」「作りすぎてしまって捨てることになったオカズ」などはありませんか。

一つ一つの量は少なくても、各家庭からのゴミを足し合わせた結果が、日本で破棄される食品の約半分を占めることになっているのです。

見て見ぬふりが出来ない量と言えるでしょう。

日本の食品ロス削減に向けた取り組み

それでは、食品ロス削減に向けて日本ではどのような取り組みが行われているのでしょうか。

国や自治体が主導するもの・企業が率先して行う取り組み・各家庭でできる対処法などについて、具体的に見ていきましょう。

全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会

全国おいしい食べきり運動ネットワーク協議会とは、「おいしい食べ物を適量で残さず食べきる運動」という理念に賛成する地方公共団体が参加する取り組みのことです。

たとえば、食べきり・食材使い切りレシピをクックパッドで紹介することで、各家庭の食品ロス削減が目指されています。

また、協議会に参加している自治体間で取り組み事例・ノウハウを共有することによって、積極的に情報交換を図ります。

さらに、10月30日の「食品ロス削減の日」・外食時の「おいしい食べきり」キャンペーンなどを実施して、食品ロス削減問題の普及活動にも取り組んでいます。

なお、参加自治体は「参加自治体一覧」をご参照ください。

大手コンビニの食品ロス削減に向けた取り組み

食品ロスが大量に発生する小売店の間でも食品ロス削減に向けた取り組みは盛んです。

特に、日本国内に約5万6000店舗あると言われているコンビニエンスストアの取り組みは、食品ロス削減に大きく役立っているといえるでしょう。

たとえば、セブン&アイグループでは、SDGs目標12「つくる責任 つかう責任」・SDGs目標13「気候変動に具体的な対策を」への取り組みとして、次のような活動に力を入れています。

1. 食品リサイクル率100%を目指して食品廃棄物を削減する
2. バラ売り・小分けパックの品揃え充実
3. エシカルプロジェクトの開始(2020年5月~):販売期限が近づいた商品購入者に代金の5%相当のnanacoボーナスポイント付与
4. 製造工程の見直し・商品開発によって販売期限の延長
5. フードバンク団体への寄付

参照:食品ロス・食品リサイクル対策(株式会社セブン&アイHLDGS.)

ローソンやファミリーマートでも同様の取り組みが進められています。

消費者の立場から企業の取り組みを応援することもできるので、普段使っている店舗などの食品ロス削減に向けた取り組みに注目していきましょう。

個人でもできる食品ロス削減に向けた取り組み

各家庭でも家庭系食品ロス削減に向けた取り組みが可能です。

場面ごとに食品ロス削減に向けた取り組みについて具体的に見ていきましょう。

「買い物」時にできる食品ロス削減の取り組み

まずは、「買い物」の場面について。

買い物に行く前に冷蔵庫の中身をチェックして、必要な量・食べきることができる量だけを購入するようにしましょう。

「まとめ買いの方が楽」という方もいらっしゃるかもしれませんが、まとめ買いをすると、どうしても賞味期限切れになってしまうリスクが高まります。

「買い物頻度を上げた方が食品ロス削減を実践しやすい」ということを覚えておきましょう。

「料理」時にできる食品ロス削減の取り組み

次は、「料理」の場面について。

まず、冷蔵庫に残っている食材から料理に使うのがポイントです。

買い物に行った日は、どうしても購入した食材から調理したくなるかもしれませんが、冷蔵庫の中身を減らすため・賞味期限切れを防ぐために、古くなった食材から率先して活用してください。

各企業や料理サイトで「食べきり」専用のレシピが多数掲載されているので参考にしてみましょう。

次に、食材の保存方法にもコツがあります。

たとえば、食べきれなかった料理・下処理済みの食材のうち、期限の近い商品は冷蔵庫の手前側に、期限に余裕がある商品は冷蔵庫の奥側に保存。

これによって、「使い忘れ」を回避できますし、「目に留まった食材から使おう」という意識を高めることができます。

「外食」時にできる食品ロス削減の取り組み

つづいて、外食時の食品ロス削減に向けた取り組みについて。

まず、注文する量は自分・家族の食べきれる量にするのがファーストステップです。

食品ロスを削減できるだけではなく、家計の節約にも役立ちます。

次に、食品ロス削減に向けて積極的に取り組んでいる飲食店を選ぶのも重要です。

現在、企業ごと・店舗ごとに、食品ロスに向けた色々な取り組みをしているという実情があります。

ホームページやSNSなどをチェックすれば取り組み事例を参照できるので、外食先選びに役立てましょう。

日本の食品ロス達成には一人ひとりの努力が不可欠

日本の食品ロス達成には一人ひとりの努力が不可欠

2015年にSDGs目標が国連で採択されてから、世界の食品ロスの量は年々減ってきています。

ただ、2030年・2050年に設定されているSDGs目標を達成するためには、国・企業などの大きな社会的役割を担った存在だけが力を入れるだけでは不十分です。

ほとんどの人が、毎日3回食事をするはず。つまり、一人ひとりが食事の機会にほんの少し食品ロスに対して意識を向けるだけで、日本全体・世界中の食品ロス削減は確実に進展します。

食品ロス削減に向けた取り組みは色々なニュースソースなどでも情報提供されているので、身近なものから少しずつセンサーを働かせていきましょう。

  • 記事を書いたライター
  • ライターの新着記事
MIRASUS

MIRASUS編集部。地球と人に優しい未来をつくるサステナビリティな事例をご紹介。誰にでもわかりやすくSDGsに関する情報は発信していきます。

  1. インフラ整備で途上国に豊かな水を!テラオライテックのSDGsに対する取り組みをご紹介!

  2. 「紛争」と「戦争」と「内戦」の違いとは?実例を踏まえて解説

  3. ESGが注目されるのは何故?SDGsとの違いも解説!

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

RELATED

PAGE TOP